SELECTBIO Conferences Microfluidics & Flow Chemistry Europe 2020
Microfluidics & Flow Chemistry Europe 2020
-マイクロフルイディクス・フローケミストリー学会欧州大会:2020年-
開催日:2020年6月25-26日
開催地:オランダ、ロッテルダム、Rotterdam Marriott

基調講演者

Heidrun Gruber-Wlfler

Heidrun Gruber-Wlfler
Associate Professor, Graz University of Technology

Paul Watts

Paul Watts
Research Chair in Microfluidic Bio/Chemical Processing, Nelson Mandela University

Amanda Evans

Amanda Evans
Scientist, Los Alamos National Laboratory

Francesca Paradisi

Francesca Paradisi
Professor of Pharmaceutical and Bioorganic Chemistry, University of Bern

Ian Baxendale

Ian Baxendale
Professor, Durham University

C. Oliver Kappe

C. Oliver Kappe
Professor and Scientific Director, Center for Continuous Flow Synthesis and Processing, University of Graz

Peter Seeberger

Peter Seeberger
Managing Director, Max Planck Institute of Colloids and Interfaces, Professor Freie Universit舩 Berlin

Paul Bohn

Paul Bohn
Arthur J. Schmitt Professor of Chemical and Biomolecular Engineering and Professor of Chemistry and Biochemistry, University of Notre Dame

Dong Pyo Kim

Dong Pyo Kim
Yonsan Chaired Professor, Pohang University of Science And Technology (POSTECH)

概要

SelectBIO主催のMicrofluidics&Flow Chemistry Europe 2020が、 2020年6月25日から26日まで、オランダのロッテルダムで開催されます。

この学会には、ヨーロッパ各地の研究機関や企業に所属する研究者が多数参加し、急成長を続けるこの分野で今最も注目を集めるトピックをめぐり活発な議論を展開します。

会期中は、フローケミストリーの分野における新たなテーマに焦点を絞り込んだ講演に加え、エンドユーザーとなっている組織の幹部による講演、マイクロフルイディクス技術とラボオンチップ技術の融合に関するセッションなどが予定されています。

また展示会も併催されることになっており、主要企業各社が出展する最新の技術や製品に触れることができるほか、朝食、昼食、レセプションなどさまざまな機会を捉えて人脈を広げることもできます。

会場内にはポスターセッションのコーナーも設けられることになっており、この分野の研究者が最新の研究成果を披露します。

このイベントのメディアスポンサーおよび最も優れたポスター発表に対して贈られるアワードのスポンサーとなるのは、英国王立科学協会 (Reaction Chemistry&Engineering Journal) です。

会場となるのは、オランダのロッテルダム市中心部、ロッテルダム中央駅に隣接するRotterdam Marriotです。ロッテルダムへは、欧州域内のみならず、世界各地から容易にアクセスすることができます。

今度の学会では、メインカンファレンスに加え、有機合成のための連続フローリアクターに関するショートコースも予定されており、フローケミストリーの分野における主要なオピニオンリーダーであるPaul Watts氏が講師を務めます。このショートコースでは、フローケミストリーの技術と応用分野が深く掘り下げられることになっており、メインカンファレンスを補完する優れたセッションとなります。

ポスター発表の募集

学会に出席しながら、ポスター発表を行って研究成果を披露することができます。希望される方は、所定の期限までに要旨を提出し、審査を受けてください。

ポスター発表の要旨提出期限:2020年5月31日

アジェンダに盛り込まれる主なトピック

  • フローケミストリーと計測プラットフォームのためのデバイスと技術
  • フロー法での電気化学と光化学
  • フローケミストリーのためのインライン分析技術
  • 産業プロセスと原薬製造
  • マイクロフルイディクスとフローケミストリー
  • フロー法での多段階合成と新たな反応
  • フロー法でのポリマー合成
  • 宇宙化学

スポンサーと出展者の募集

詳細は、 (株) グローバルインフォメーションまでお問い合わせください

現時点で確定している講演者

Maurizio Benaglia, Full Professor of Organic Chemistry, Dipartimento di Chimica, Universita degli Studi di Milano
Francois-Xavier Felpin, Professor, University of Nantes
Shinichiro Fuse, Professor, Nagoya University
Katharina Hiebler, Project Assistant / Researcher, TU Graz
Maarten Honing, Professor, Maastricht University, M4I Institute Maastricht MultiModal Molecular Imaging
Tanja Junkers, Professor, School of Chemistry, Polymer Reaction Design group, Monash University
Renzo Luisi, Professor of Organic Chemistry, University of Bari
Jean-Christophe Monbaliu, Associate Professor, Center for Integrated Technology and Organic Synthesis, University of Liege
Manuel Nuno, Research Scientist, Vapourtec Ltd.
Darren Riley , Senior Lecturer , University of Pretoria
Nick Thomson, Senior Director, Chemical Research and Development , Pfizer, Inc.


Corporate Sponsors Media Sponsors Official Journal Partner Networking
Drug Discovery WoMetaTagsrld U-Networks
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English



メール配信サービス