SELECTBIO Conferences Organ-on-a-Chip, Tissue-on-a-Chip & Organoids Europe 2020
Organ-on-a-Chip, Tissue-on-a-Chip & Organoids Europe 2020
-生体機能チップ・生体組織チップ学会欧州大会:2020年-
開催日:2020年6月23-24日
開催地:オランダ、ロッテルダム、de Doelen Conference Center

基調講演者

Thomas Laurell

Thomas Laurell
Professor, Lund University

Peter Loskill

Peter Loskill
Assistant Professor for Experimental Regenerative Medicine; Attract Group Leader Organ-on-a-Chip, Fraunhofer Institute for Interfacial Engineering and Biotechnology IGB, Eberhard Karls University Tubingen

Nicole Pamme

Nicole Pamme
Professor in Analytical Chemistry, The University of Hull

Peter Ertl

Peter Ertl
Professor of Lab-on-a-Chip Systems, Vienna University of Technology

Danilo Tagle

Danilo Tagle
Associate Director For Special Initiatives, Office of the Director, National Center for Advancing Translational Sciences at the NIH (NCATS)

George Truskey

George Truskey
R. Eugene and Susie E. Goodson Professor of Biomedical Engineering, Duke University

Noo Li Jeon

Noo Li Jeon
Professor, Seoul National University

Robert Vries

Robert Vries
CEO, Hubrecht Organoid Technology (HUB)

Elisabeth Verpoorte

Elisabeth Verpoorte
Professor of Analytical Chemistry and Pharmaceutical Analysis, University of Groningen

Severine Le Gac

Severine Le Gac
Professor, Applied Microfluidics for Bioengineering Research, University of Twente

Dan Huh

Dan Huh
Associate Professor of Bioengineering and Wilf Family Term Endowed Chair, University of Pennsylvania

概要

SELECTBIO主催のOrgan-on-a-Chip & Tissue-on-a-Chip Europe 2020は、マイクロフルイディクス技術やラボオンチップ (LOAC) 技術を利用し、機能的に意味のある形で細胞構造を構成するという生体機能チップや生体組織チップの重要かつ成長著しい領域に焦点を絞り込んだ学会です。組み立てられた細胞で構成されるこれらのクラスターは、機能的意義を有しており、生体内の臓器構造を模倣することができます。

例えば、マイクロフルイディクス技術を利用してオンボードチップに構成された生理学的に適切な構造の肝細胞は、毒性スクリーニングに利用することが可能であり、生体外で組織の断片を構成することができるこの技術は、ディッシュやチップ上で生物学的プロセス (生理学的プロセスと病理学的プロセスの両方) を再現するための優れた手段となります。すでに、肺機能チップ、脳チップ、消化器チップ、骨髄チップ、骨チップ、神経系チップなど多くのチップが開発されており、今度の学会でもこれらのチップに関する研究発表が行われるほか、各種の疾病やがん、免疫系を再現するチップに焦点を絞り込んだセッションも予定されています。

この学会のトピックは、マイクロフルイディクス技術やLOAC技術と重なり合う部分が多く、同時併催されるLab-on-a-Chip and Microfluidics Europe 2020やPoint-of-Care Diagnostics Europe 2020と併せて、関連する領域を余すところなく網羅します。

これら3つの学会は同時併催されるため、出席者は興味のある研究発表を選んで参加しながら、さまざまな分野の研究者と交流を深めることができます。
  • Lab-on-a-Chip and Microfluidics Europe 2020
  • Organ-on-a-Chip, Tissue-on-a-Chip & Organoids Europe 2020
  • Point-of-Care, Biosensors & Mobile Diagnostics Europe 2020
また展示会も、2020年6月23日から24日まで学会と同時併催されることになっており、これら3つの学会に出席される方は、誰でも入場することができます。

世界各地から集まる主要なオピニオンリーダーと情報を交換したり、人脈を構築したりすることができるこの貴重な機会をどうぞお見逃しなく。

会場のあるオランダのロッテルダムは、欧州のみならず世界各地を結ぶ交通網が整備されています。

ポスター発表の募集

学会に出席しながら、ポスター発表を行って研究成果を披露することができます。希望される方は、所定の期限までに要旨を提出し、審査を受けてください。

ポスター発表の要旨提出期限:2020年5月31日

アジェンダに盛り込まれる主なトピック

  • 3次元培養とオルガノイド
  • マイクロフルイディクス構造など生物活性のある構造の3Dプリンティング
  • がんや転移がんを再現するチップ
  • 消化器チップ
  • 免疫系チップ
  • 毒性スクリーニング/毒性研究のための肝臓チップ
  • 肺機能チップ
  • 生体機能チップ/生体組織チップ/ボディオンチップを構成するためのマイクロフルイディクス/LOAC技術
  • 疾病を再現するチップのモデリング
  • 神経系チップ
  • 生体機能チップの創薬への応用
  • 3次元モデル系およびオルガノイドの表現型スクリーニングとハイコンテントスクリーニング

現時点で確定している講演者

Yu-Chi Chen, Scientist, Bioprinting Group, NCATS
Andries D. van der Meer, Tenure Track Assistant Professor, Faculty of Science and Technology, University of Twente
David Hay, Chair of Tissue Engineering, MRC Centre for Regenerative Medicine, University of Edinburgh
Yan Yan Shery Huang, University Lecturer in Bioengineering, University of Cambridge
Marcel Karperien, Professor, University of Twente
Matthias von Herrath, Vice President and Senior Medical Officer, Novo Nordisk, Professor, La Jolla Institute


Exhibition Sponsors Media Sponsors Official Journal Partner Networking
Drug Discovery WoMetaTagsrld U-Networks
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English


更新通知サービス

メール配信サービス