SELECTBIO Conferences Multi-Cellular Engineered Living Systems Summit
Multi-Cellular Engineered Living Systems Summit
-多細胞改変生体系サミット-
開催日:2020年3月25日
開催地:米国マサチューセッツ州ボストン、Wyndham Boston Beacon Hill

学会の議長

Roger Kamm

Roger Kamm
Cecil and Ida Green Distinguished Professor of Biological and Mechanical Engineering, Massachusetts Institute of Technology (MIT)

基調講演者

Michael Shuler

Michael Shuler
Samuel B. Eckert Professor of Engineering, Cornell University, President & CEO, Hesperos, Inc.

Albert Folch

Albert Folch
Professor of Bioengineering, University of Washington

概要

SelectBIO主催のMulti-Cellular Engineered Living Systems Summit 2020が、2020年3月25日に、米国マサチューセッツ州ボストンで開催されます。

この学会では、3次元培養とオルガノイドの分野で今後注目を集めると見られる革新的な技術が紹介され、主要なオピニオンリーダーが世界各地から集まります。会期中には、数多くの研究発表や交流イベントが予定されており、拡大を続けるこの分野で革新的なツールや技術を開発している企業の幹部と意見を交換することができます。

この学会は、以下の学会と同時併催されます:
  • 2D-to-3D Culture and Organoids 2020
この学会に参加登録された方は、同時併催される学会のすべての分科会やレセプションに参加でき、展示会にも入場することができます。

今度の学会では、研究機関や製薬会社に属する研究者が集まり、3次元培養、オルガノイド、臓器チップシステムなどで導入が進む手法やツールの開発状況などについて議論します。

主なトピックは、3次元細胞ベースのスクリーニング法、ハイコンテントスクリーニングと分析、生理学的に関連した細胞系の分析に対応するモデルシステムと新たなアプローチの利用などです。

このイベントは、大手製薬会社やバイオテクノロジー企業、大学、技術/ツールベンダーの幹部などと人脈を構築しながら、ソリューションを見つけ出し、協力関係を構築することができる貴重な機会となります。

ポスター発表の募集

学会に出席しながら、ポスター発表を行って研究成果を披露することができます。希望される方は、所定の期限までに要旨を提出し、審査を受けてください。

ポスター発表の要旨提出期限:2020年2月29日

アジェンダに盛り込まれる主なトピック

  • ケーススタディと製薬およびバイオ業界からの視点紹介
  • 3次元培養、臓器チップのモデルシステムにおける新たな標的に対応するハイコンテント分析と表現型スクリーニング
    • 宇宙空間における生命科学技術とツール
  • 画像解析とデータ管理のためのツール
  • 3次元モデルシステムの表現型スクリーニングとハイコンテントスクリーニング
  • 表現型創薬
  • がんオルガノイド

スポンサーと出展者の募集

詳細は、 (株) グローバルインフォメーションまでお問い合わせください


Corporate Sponsors Media Sponsors Official Journal Partner Networking
Drug Discovery WoMetaTagsrld U-Networks
 
Boston, USA
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English


更新通知サービス
更新履歴
2019/12/25
イベント情報更新
2019/12/12
イベント情報更新

メール配信サービス