SELECTBIO Conferences 3D-Printing and Biofabrication 2020
3D-Printing and Biofabrication 2020
-3Dプリンティング・バイオファブリケーション学会:2020年-
開催日:2020年3月23-24日
開催地:米国マサチューセッツ州ボストン、Wyndham Boston Beacon Hill

学会の議長

Y. Shrike Zhang

Y. Shrike Zhang
Assistant Professor of Medicine and Associate Bioengineer, Harvard Medical School

基調講演者

Adam Feinberg

Adam Feinberg
Professor, Carnegie Mellon University

John Fisher

John Fisher
Fischell Family Distinguished Professor & Department Chair; Director, NIH Center for Engineering Complex Tissues, University of Maryland

Tal Dvir

Tal Dvir
Professor, Director, Laboratory for Tissue Engineering and Regenerating Medicine, Tel Aviv University

Shulamit Levenberg

Shulamit Levenberg
Professor and Dean, Faculty of Biomedical Engineering, Technion Israel Institute of Technology

David L. Kaplan

David L. Kaplan
Stern Family Endowed Professor of Engineering, Professor & Chair -- Dept of Biomedical Engineering, Tufts University

Gabor Forgacs

Gabor Forgacs
Professor, University of Missouri-Columbia; Scientific Founder, Organovo; CSO, Modern Meadow

Joyce Wong

Joyce Wong
Professor of Biomedical Engineering and Materials Science & Engineering, Boston University

Orit Shefi

Orit Shefi
Head of Neuroengineering Laboratory, Faculty of Engineering and Institute of Nanotechnologies and Advanced Materials, Bar-Ilan University Israel

概要

SelectBIO主催の3D-Printing and Biofabrication 2020では、機能性培養組織構築物の製造に関わっているさまざまな専門分野の研究者が多数集まります。

バイオファブリケーションの技術は、生体内の生理学的モデルや疾病モデルの生成、標的同定や薬剤スクリーニングに利用でき、臓器移植にも応用できる可能性があることから、近年大いに注目を集めています。
 
光重合、3Dプリンティング、ステレオリソグラフィー、多光子リソグラフィー、自己組織化を利用した手法など、培養組織構築物を生成する方法は数多く存在しており、合成材料と天然材料の両方を利用して機能性組織を生成する技術も大きく進歩しましたが、スループットの向上と組織体積の増加は、依然として困難な課題となっています。今度の学会では、バイオファブリケーションで用いられる先進的な手法が焦点となる予定であり、特に機能性組織のハイスループット製造を可能にするような高い拡張性が期待できる技術にスポットライトが当てられます。

また会期中は、研究発表に加え展示会も予定されており、多くの企業がバイオファブリケーション分野の技術や製品を展示します。

この学会に参加登録された方は、同時併催される学会の分科会に参加することが可能であり、研究成果について意見を交換し、人脈を構築するチャンスが広がります。

ポスター発表の募集

学会に出席しながら、ポスター発表を行って研究成果を披露することができます。希望される方は、所定の期限までに要旨を提出し、審査を受けてください。

ポスター発表の要旨提出期限:2020年2月29日

アジェンダに盛り込まれる主なトピック

  • 3Dプリンティング
  • 積層造形
  • 体積の大きな構築物の生成
  • ハイスループット製造法
  • ティッシュエンジニアリング
  • 血管新生構築物

スポンサーと出展者の募集

詳細は、 (株) グローバルインフォメーションまでお問い合わせください

現時点で確定している講演者

Sidi Bencherif, Assistant Professor, Department of Chemical Engineering, Northeastern University
Guohao Dai, Associate Professor, Department of Bioengineering, Northeastern University
Fabien Guillemot, Chief Executive Officer, Poietis
Yan Yan Shery Huang, University Lecturer in Bioengineering, University of Cambridge
John Hundley Slater, Assistant Professor of Biomedical Engineering, University of Delaware
Jungwoo Lee, Assistant Professor, University of Massachusetts-Amherst
Jordan Miller, Assistant Professor of Engineering and Founder of the Advanced Manufacturing Research Program, Rice University
Aleksandr Ovsianikov, Associate Professor, Head of Research Group 3D Printing and Biofabrication, Technische Universitat Wien (TU Wien)
William G Whitford, Strategic Solutions Leader Bioprocess, GE Healthcare Life Sciences
Xuanhe Zhao, Associate Professor, Massachusetts Institute of Technology (MIT)


Corporate Sponsors Media Sponsors Official Journal Partner Networking
Drug Discovery WoMetaTagsrld U-Networks
 
Kobe, Japan
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English


更新通知サービス
更新履歴
2019/11/01
講演者更新

メール配信サービス