SELECTBIO Conferences Organ-on-a-Chip World Congress 2019
Organ-on-a-Chip World Congress 2019
-生体機能チップ世界学会:2019年-
開催日:2019年10月14-15日
開催地:米国カリフォルニア州コロナド、Coronado Island Marriott Resort & Spa

基調講演者

Roger Kamm

Roger Kamm
Cecil and Ida Green Distinguished Professor of Biological and Mechanical Engineering, Massachusetts Institute of Technology (MIT)

Ali Khademhosseini

Ali Khademhosseini
Professor, Department of Bioengineering, Department of Radiology, Department of Chemical and Biomolecular Engineering, University of California-Los Angeles

Danilo Tagle

Danilo Tagle
Associate Director For Special Initiatives, Office of the Director, National Center for Advancing Translational Sciences at the NIH (NCATS)

Shoji Takeuchi

Shoji Takeuchi
Professor, Center For International Research on Integrative Biomedical Systems (CIBiS), Institute of Industrial Science, The University of Tokyo

Michael Shuler

Michael Shuler
Samuel B. Eckert Professor of Engineering, Cornell University, President & CEO, Hesperos, Inc.

Steven C. George

Steven C. George
Professor and Chair, University of California, Davis

John Wikswo

John Wikswo
Gordon A. Cain University Professor, A.B. Learned Professor of Living State Physics; Founding Director, Vanderbilt Institute for Integrative Biosystems, Vanderbilt University

Nancy Allbritton

Nancy Allbritton
Kenan Professor of Chemistry and Biomedical Engineering and Chair of the Joint Department of Biomedical Engineering, University of North Carolina and North Carolina State University

概要

SelectBIO主催の第5回Organ-on-a-Chip World Congress 2019は、マイクロフルイディクス技術やラボオンチップ技術を利用して、機能的に意味のある形で細胞の構造を構築するという生体機能チップの重要かつ成長著しい領域に焦点を絞り込んだ学会です。組み立てられた細胞で構成されるこれらのクラスターは、機能的意義を有しており、生体内の臓器構造を模倣することができます。

例えば、マイクロフルイディクス技術を利用してオンボードチップに構成された生理学的に適切な構造の肝細胞は、毒性スクリーニングに利用することが可能であり、生体外で組織の断片を構成することができるこの技術は、ディッシュやチップ上で生物学的プロセス (生理学的プロセスと病理学的プロセスの両方) を再現するための優れた手段となります。すでに、肺機能チップ、脳組織チップ、消化器系チップ、骨髄チップ、骨チップ、神経組織チップなど多くのチップが開発されており、今度の学会でもこれらのチップに関する研究発表が行われるほか、各種の疾病やがん、免疫系を再現するチップに焦点を絞り込んだセッションも予定されています。

この学会は、下記の学会と同時併催されることになっており、出席者は興味のある研究発表を選んで参加しながら、多様な分野の研究者と人脈を構築することができます。また展示会も開催されることになっており、すべての学会の参加登録者が入場できます。

同時併催される学会:
  • Organ-on-a-Chip World Congress 2019
  • 3D-Culture and Organoids 2019
  • Stem Cells for Drug Discovery and Tox Screening 2019
  • 3D-Printing in the Life Sciences 2019
  • The Space Summit 2019
生体機能チップ分野の主要なオピニオンリーダーが世界各地から集まるこの学会では、多くの研究者と情報を交換しながら、人脈を構築することができます。また、この分野に携わっている企業がそれぞれの技術や製品を披露する展示会も予定されています。

ポスター発表の募集

学会に出席しながら、ポスター発表を行って研究成果を披露することができます。希望される方は、所定の期限までに要旨を提出し、審査を受けてください。

ポスター発表の要旨提出期限:2019年9月27日

アジェンダに盛り込まれる主なトピック

  • 心血管疾患研究のための動脈チップ
  • 骨チップ
  • 疾病再現チップ
    • がん組織チップ
    • がん免疫療法チップ
  • 消化器系チップ
  • 血液系チップ、血小板チップ
  • 毒性スクリーニングと毒物学研究のための肝機能チップ
  • 肺機能チップ
  • 創薬と毒性スクリーニングに対応する生体機能チップの応用技術
  • マイクロフルイディクスを利用した生体機能チップ/人体モデルチップの構築

スポンサーと出展者の募集

出展やスポンサーについての詳細は、 (株) グローバルインフォメーションまでお問い合わせください。

現時点で確定している講演者

Holger Becker, Chief Scientific Officer, Microfluidic ChipShop GmbH
Kambez Benam, Assistant Professor of Medicine and Bioengineering, University of Colorado Denver
Murat Cirit, CEO & Co-Founder, Javelin Biotech
Olivier Frey, Product Manager Microphysiological Systems, InSphero AG, Schlieren, Switzerland
Matthew Hancock, Managing Engineer, Veryst Engineering, LLC


Corporate Sponsors Media Sponsors Official Journal Partner Networking
Drug Discovery WoMetaTagsrld U-Networks
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English


更新通知サービス
更新履歴
2019/07/11
講演者・スポンサー更新

メール配信サービス
製薬・バイオ
関連の会議一覧