SELECTBIO Conferences Cell & Gene Therapy Asia 2019
Cell & Gene Therapy Asia 2019
-細胞治療・遺伝子治療学会アジア大会:2019年-
開催日:2019年11月11-12日
開催地:兵庫県神戸市、神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ

学会の議長

Norio Nakatsuji

Norio Nakatsuji
Chief Advisor, Stem Cell & Device Laboratory, Inc. (SCAD); Professor Emeritus, Kyoto University

基調講演者

Kinichi Nakashima

Kinichi Nakashima
Professor, Department of Stem Cell Biology and Medicine, Kyushu University

Shoji Takeuchi

Shoji Takeuchi
Professor, Center For International Research on Integrative Biomedical Systems (CIBiS), Institute of Industrial Science, The University of Tokyo

Masafumi Onodera

Masafumi Onodera
Head, Department of Human Genetics, National Center for Child Health and Development

Takahiro Ochiya

Takahiro Ochiya
Professor, Tokyo Medical University

Noboru Yamaji

Noboru Yamaji
President, Chief Intelligence and Liaison Officer, Universal Cells, Inc., An Astellas Company

Keiya Ozawa

Keiya Ozawa
Professor Emeritus and Visiting Professor of the Division of Immuno-Gene & Cell Therapy, Jichi Medical University

Ross  Macdonald

Ross Macdonald
Chief Executive Officer and Managing Director, Cynata Therapeutics Ltd

Hiroshi Kawamoto

Hiroshi Kawamoto
Professor, Laboratory of Immunology, Institute for Frontier Life and Medical Sciences, Kyoto University

Yuji Shiba

Yuji Shiba
Professor, Department of Regenerative Science and Medicine, Shinshu University

Chae-Ok Yun

Chae-Ok Yun
Professor, Department of Bioengineering, Hanyang University

概要

SelectBIO主催の第2回Cell & Gene Therapy Asia 2019は、11月11日から12日まで、兵庫県神戸市で開催されます。

企業や大学で細胞治療と遺伝子治療の領域に携わっている研究者など多くの参加者が集まるこの学会では、細胞治療のための幹細胞、iPS細胞とその研究に向けた展開、医薬品研究開発と細胞治療、CAR-T細胞を含めたがん免疫療法の研究と臨床応用、遺伝子治療に対応する技術など、急速な拡大と進化を遂げつつあるこの分野の多様な側面に光を当てるセッションが展開されます。

今度の学会では、細胞治療、遺伝子治療、3次元バイオプリンティングのエコシステム全体を網羅するプログラムが組まれ、細胞治療や遺伝子治療、再生医療の臨床応用に向けた開発が進む3次元培養やオルガノイド、バイオプリンティングなどの技術プラットフォームに焦点を絞り込んだセッションが展開されます。

会期中は、研究者による発表、企業のプレゼンテーション、ポスター発表などを通じて最新の研究成果が披露されるほか、展示会も予定されており、日本のみならず欧州や米国、アジア太平洋地域などから集まる参加者と関係を築くため多くの企業が出展します。

神戸市には、生物医学分野の研究を支える強固な基盤があり、Cell & Gene Therapy Asia 2019の開催地にふさわしい都市といえます。

京都大学教授の中辻憲夫氏には、この学会の議長として、また若手研究者を対象としたポスター発表の募集と学会への参加呼びかけを含む準備作業の責任者として指導的な役割を担っていただきます。

ポスター発表の募集

学会に出席しながら、ポスター発表を行って研究成果を披露することができます。希望される方は、所定の期限までに要旨を提出し、審査を受けてください。

ポスター発表の要旨提出期限:2019年10月31日

アジェンダに盛り込まれる主なトピック

  • 3Dバイオプリンティングと生体組織工学
  • 3次元培養とオルガノイド
  • 細胞治療の臨床試験と商業化
  • 臨床試験段階へと進む遺伝子治療
    • 臨床試験のパイプライン
    • 規制面の状況
    • 技術プラットフォーム
  • 毒性試験、スクリーニング、細胞治療に対応するiPS細胞由来の細胞
  • 間葉系幹細胞 (MSC) :細胞治療での可能性
  • 再生医療
  • 細胞治療のための幹細胞

スポンサーと出展者の募集

詳細は、 (株) グローバルインフォメーションまでお問い合わせください。

現時点で確定している講演者

Ryan Chang, CEO, Steminent Biotherapeutics
Toshiyoshi Fujiwara, Professor & Chairman, Okayama University Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences
Yasufumi Kaneda, Professor, Osaka University
Thai-Yen Ling, Associate Professor, National Taiwan University
Ryuichi Morishita, Professor of Clinical Gene Therapy, Osaka University School of Medicine
Asuka Morizane, Assistant Professor, Center for iPS Cell Research and Application (CiRA), Kyoto University
Shin-ichi Muramatsu , Professor of Neurology, Jichi Medical University (JMU)
Toshihiro Nakajima, Senior Technical Executive and General Manager of Manufacturing, GenomIdea, Inc.
Yasutomo Nasu, Professor, Okayama University
Kennedy Okeyo, Senior Lecturer, Institute for Frontier Life and Medical Sciences, Kyoto University
Ricky Solorzano, CEO, Allevi
Jun Takahashi, Professor, Kyoto University
William G Whitford, Strategic Solutions Leader Bioprocess, GE Healthcare Life Sciences
Yoshikazu Yonemitsu, Professor, Kyushu University Graduate School of Pharmaceutical Sciences


Corporate Sponsors Media Sponsors Official Journal Partner Networking
Drug Discovery WoMetaTagsrld U-Networks
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English


更新通知サービス
更新履歴
2019/08/22
イベント情報更新
2019/08/09
アジェンダ・講演者更新
2019/07/02
講演者更新

メール配信サービス