Spectrum Auctions Masterclass
-スペクトルオークションマスタークラス-
開催日:2019年10月17-18日
開催地:英国、Central London
2009年から行われているこの講座は、規制機関や営利組織に所属しておられる方々に、スペクトルオークションの理論と実践について実際に作業しながら学ぶ機会を提供するものです。

優れた専門家との交流を通じてスペクトルオークションの黄金律を見つけ出すとともに、落とし穴を避ける方法を学ぶことができます。実践的な学びの機会であるこの講座をどうぞお見逃しなく。

Spectrum Auctions Masterclass
  • 今後実施されるオークションに備えることができます。
  • 最新のオンラインオークションソフトウェアを使った模擬オークションに参加することができます。
  • 関連業界で実務に携わっている専門家から知識を吸収することができます。
    • Professor Gerard Pogorel
    • Dennis Ward氏 (元カナダ産業省オークション担当職員)
    • Martin Sims氏 (PolicyTracker)
  • 活気あふれるロンドン中心部の会場で行われます。
  • 講師や他の出席者との意見交換を通じてベストプラクティスを探求することができます。
  • 各種の社交イベントも予定されており、多くの情報を収集することができます。

本講座への参加をお勧めする理由

スペクトルオークションは、米国や欧州だけではなく、世界各地で行われるようになっています。一部の国では、テレビ放送をアナログ方式からデジタル方式に切り替えたことで利用可能になった周波数帯を売却する動きも始まっており、700MHz帯の利用というデジタルデバイド解消に向けた新たな課題も浮上しています。また、2.3 GHz帯、2.6 GHz帯、3.5 GHz帯、Lバンドを含む既存の周波数帯の再構成、Cバンドの一部が売却される可能性も取りざたされており、今後数年以内に行われるスペクトル売却の全体的なスケジュールを予想することが可能になっています。

この講座では、最近のオークション、とりわけスイスやドイツ、アイルランド、英国、インドで行われた複数の周波数帯に関する大規模なオークションに加え、ポーランドやチェコ共和国で行われた問題の多いオークションから得られる教訓についても学ぶことができます。

また、今後実施されるオークションの新たな課題にも光が当てられることになっており、政策の焦点が競争からブロードバンドサービスの展開へと拡散するなか、新規参入の促進に重点を置いたこれまでの方針を再検討する必要性や、参入の奨励に重点を置いた米国方式のオークションを他の地域に応用するための方策について考えるプログラムなどが予定されています。

さらに、熟成が進むコンビナトリアルクロックオークション (CCA) についてのプログラムも予定されており、この方式が本当に「理想的な」ものなのかどうか検討するとともに、意図しない結果が生じる可能性にも考えを巡らせます。

本講座に参加することにより、理論的な手法のみならず、さまざまなオンラインオークションに参加することで得られた実際の経験も活かしながら、スペクトルオークションにまつわるさまざまな問題に取り組んでいくための手がかりを得ることができます。

スペクトルオークションの成否が企業や国家経済の繁栄にとってかつてないほど大きな意味を持つようになるなか開催される本講座のプログラムは、この重要な領域で十分な情報に基づく選択を行う際の一助となるよう考えられています。

本講座の利点

  • 実体験:「安全な」環境の中で各種の戦略を試すことができます。
  • 主要な研究者や実務に携わっている専門家の講義を聞くことができます。
  • 他に類を見ない講座です。
  • 幅広い領域を網羅する講座の資料を持ち帰ることができます。
  • さまざまな国の通信業界関係者から知識を吸収することができます。
  • 参加費用に見合う成果を得ることができます。
  • 本講座を修了した方には、修了証書が交付されます。
  • 各種の社交イベントも予定されており、多くの情報を収集することができます。

参加をお勧めする方々

この講座は、規制機関や営利組織に所属し、スペクトルオークションに参加する可能性の高い方々を対象としたもので、モバイル、放送、無線ブロードバンド通信、電子機器製造などの分野の組織と、航空、海事、救急サービス、軍などの公的部門のスペクトルユーザーにとって特に有益なプログラムが組まれています。
この講座では、以下の3つのグループの方々に最適なプログラムが展開されます:

  • 今後実施予定のスペクトルオークションに向け準備を進めている企業の幹部
  • オークションを実際に体験したいと考えておられる方々
  • この分野における新たな考え方について理解を深めたいと考えておられる方々

講座の形態

この講座は、各分野の専門家による講義、訓練、実際の作業、模擬オークション、フィードバックと再検討のためのセッション、質疑応答セッションなどを柔軟に組み合わせた構成となっており、最新の理論を紹介する講座に参加したり、講師と双方向でやり取りしながら実践的な知識を身に着けたりすることができます。クラスの規模は、25人以下となっています。

Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English


更新通知サービス
更新履歴
2019/05/17
イベント情報更新
2019/04/10
イベント情報更新

メール配信サービス