開催延期のお知らせ

当会議は主催者の都合により2020年8月に延期となりました。
延期に関するご質問等はメニューのお問い合わせページより承っております。

The Asian Battery Materials Conference 2020
-電池材料会議アジア大会:2020年-
開催日:2020年8月25-27日
開催地:中国、上海、浦東、Kerry Hotel
新型コロナウイルス感染症の影響による会議の延期・中止について
当会議は、新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、延期、または中止される可能性があります。 会議の日程や内容の変更に関する最新の情報は、主催者のウェブサイトでご確認いただくか、メニューのお問い合わせページより、当社にご連絡下さい。

イベントの概要

2020年のThe Asian Battery Materials Conferenceは、前回に引き続き上海で開催されます

ニッケル、リチウム、コバルト、マンガン、グラファイト、銅の採掘、加工、輸送、供給に影響を及ぼす重要な問題について理解を深めながら、アジア地域における電池材料のサプライチェーンに加わっているさまざまな組織の代表と親交を深めることができるイベントであり、成長を続けるこの市場で今後生まれるビジネスチャンスを活かすための準備を整えることができます。
 

参加をお勧めする理由

  • アジア地域の大手自動車メーカー、電池メーカー、カソードメーカー、化学企業の幹部と直接会って話をすることができます。前回の会議には、BYD、CATL、Amperex Technology Ltd、LG Chem、Samsung SDI、三井化学などの幹部が参加しました。
  • Galaxy Resources、Norilsk Nickel、Desert Lion Energy、First Cobalt Corp.、Glencore、Lithium Chileなどの大手原材料メーカーや注目度の高いジュニア探鉱会社の幹部に会うことができます。
  • 生産事業者からエンドユーザー企業まで、電池原材料のサプライチェーンを構成するさまざまな組織の幹部から他では得られない情報を収集することが可能であり、この情報を駆使することにより、大きなビジネスチャンスが見込める分野や多くの企業が直面する障害について理解を深めることができます。

 

主なトピック:

  • 原材料の需要と供給−ニッケル、リチウム、コバルト、グラファイト、銅に関するパネルディスカッション
  • アジア地域における電気自動車 (EV) の未来−中国の2025年の新エネルギー車のビジョンを含めた展望
  • アノード技術とカソード技術の両方の最新動向を含む電池技術の現状
  • 不安定な市場における危機管理の手法
  • 全固体電池の技術−市場に投入される時期と現時点での障害

ここをクリックするとアジェンダを見ることができます >>

ここをクリックすると2019年の会議に参加した企業のリストを見ることができます >>

 

このイベントの概要

Battery Materials Asia 2020 attendees Battery Materials Asia 2020 companies Battery Materials Asia 2020 countries represented

Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

更新履歴
2020/02/13
イベント情報更新
メール配信サービス