32nd Stainless & its Alloys Conference
-第32回ステンレス鋼・合金会議-
開催日:2018年10月30-31日
開催地:米国、シカゴ、Hyatt Regency Chicago

イベントの概要

北米地域のステンレス鋼業界関係者が一堂に会するイベント

この会議は、北米地域のステンレス鋼業界に携わっているさまざまな組織の幹部が一堂に会し、来年以降顕在化すると思われる市場の成長促進要因や阻害要因などについて議論する場となっています。

ステンレス鋼業界の生産量や収益が改善へと向かい始めるなか、業界の様相を一変させるような新たな課題が出現しています。反グローバル化、自動運転車、電気自動車、デジタル化、巨大鉄鋼メーカーの動向といったトピックは、ステンレス鋼と原材料の市場が大きな岐路に立っていることを示すものといえます。

今度の会議では、原材料や鉄鋼の生産に携わっている企業、流通部門の企業、エンドユーザー企業など、サプライチェーンに加わっているあらゆる企業の事業に大きな変化をもたらす可能性のある重要な問題をめぐり、鉄鋼業界の主要な専門家が議論を展開します。

例年この会議には、80以上の企業から120人を超える出席者が集まり、市場についての専門知識を披露し合いながら、商談を進めます。

今回取り上げられる主なトピック

  • 米国の通商拡大法232条に基づく輸入制限措置
  • 世界各国の保護主義的な措置と対抗手段
  • 生産と流通のデジタル化がもたらすビジネスチャンス
  • 中国の巨大企業、青山集団が業界の様相を一変させる可能性
  • ニッケル、クローム、モリブデンについての議論
  • ステンレス鋼スクラップ市場の概況
  • 自動運転車と電気自動車
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

メール配信サービス

Co-Organiser

Bronze Sponsor