Informa

TIDES: Oligonucleotide and Peptide Therapeutics
-TIDES:オリゴヌクレオチド治療薬・ペプチド治療薬学会-
開催日:2020年9月15-18日
開催地:米国マサチューセッツ州ボストン、Hynes Convention Center
新型コロナウイルス感染症の影響による会議の延期・中止について
当会議は、新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、延期、または中止される可能性があります。 会議の日程や内容の変更に関する最新の情報は、主催者のウェブサイトでご確認いただくか、メニューのお問い合わせページより、当社にご連絡下さい。

オリゴヌクレオチド製剤とペプチド製剤の開発を加速させ、創薬の早期段階から開発後期段階、商業化段階へと移行させるための取り組みを後押しするこの分野で最大規模の学会

Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English
更新履歴
2020/02/20
講演者・スポンサー更新

事業の発展に必要不可欠な研究成果、技術、提携相手を見つけることができるTIDESをどうぞお見逃しなく。

オリゴヌクレオチドとペプチドの開発に携わっている研究者や企業の幹部1200人以上が集結

北米、アジア、欧州などさまざまな地域の主要な製薬会社、バイオテクノロジー企業、ソリューションプロバイダーと協力関係を構築することで、オリゴヌクレオチド治療薬とペプチド治療薬の研究を加速させ、臨床試験以降の段階へと移行させることができます。

150件を超えるケーススタディと新たなデータを盛り込んだ研究発表

オリゴヌクレオチドとペプチドの開発と製造に携わっているさまざまな組織の研究者や幹部から、ベストプラクティスや教訓、業界内の重要な動きなどについて話を聞くことができます。

100を超える出展者

製造技術やサービスの主要なプロバイダーと関係を構築することで、有望な治療薬を商業的な成功へと導くことができます。

技術的な内容の講演と最新のデータを盛り込んだ研究発表をこれまで以上に拡充

オリゴヌクレオチド分科会の主な内容
  • RNAse Hが介在するオフターゲットイベントを同定し、回避するためIonisが採用した手法
  • がんの諸症状に対応するSirnaomicsのsiRNA治療薬
  • オリゴヌクレオチドに対応するため生物製剤製造施設を転換したBiogenの経験
  • Alnylamによる内製化のための施設建設
  • 新たな酵素的手法を利用した拡張性の高い味の素の製造技術
  • 微生物汚染物質制御に対するRocheのアプローチ
ペプチド分科会の主な内容
  • 数時間でタンパク質を製造することができるBrad Pentelute氏の手法
  • Eli Lillyの経鼻グルカゴン製剤計画と機器の開発
  • AstraZenecaの2型糖尿病治療薬Bydureon BCise用機器の開発/統合と処方
  • Neonの個別化ペプチドワクチン
  • PolyPdptideのペプチドプロセスに関連する不純物の調査と制御のための技術
  • ペプチドYYに対するNovo Nordiskの医化学戦略
2020年のみどころ
  • partneringONEシステムを使って個別会談を事前に設定することができます。
  • ゲノム編集に関する分科会が拡充されます。
  • mRNA治療薬の創薬、臨床研究、CMCに関するケーススタディが拡充されます。
  • デリバリーに関するセッションが拡充され、オリゴヌクレオチド、ペプチド、mRNA、ゲノム編集などのトピックを網羅します。
  • ペプチドに関連するトピックを深く掘り下げるセッションが拡充され、多くの専門家が講演を行います。
  • 最新のデータを盛り込んだ技術的な内容のセッションが拡充されます。

ポスター発表


ポスター発表の利点

  1. 焦点を絞り込んだ議論:
    ポスター発表は、発表者と同じテーマや応用分野に関心を持つ研究者と意見を交換することができる貴重な機会となっており、ここでの議論が将来の協力関係へとつながる可能性もあります。
  2. 公平な批判:
    他の研究者との洞察に富む公平な議論から、今後の研究を改善するための着想を得ることができるケースもしばしばあります。
  3. プレゼンテーション技術の向上:
    ポスター発表を行い、さまざまな方法で概念を説明することにより、どの方法が最も受け入れられやすいか見極めることができるうえ、視覚的な表現や口頭でのプレゼンテーションの練習にもなります。
  4. 着想の発展:
    ポスター発表は、アイデアの域を脱し切れていない早期段階の研究を披露するための理想的な場となっており、同じ分野の研究者と意見を交換することで大きな収穫を得ることができます

ポスター発表を行うには、学会への参加登録が必要です。ポスター発表の要旨提出期限は、2020年4月10日です。

さまざまな専門分野の研究者との意見交換によるアイデアやベストプラクティスの改善

TIDESでは複数の分科会が設定され、創薬から非臨床研究、臨床研究、CMC、後期段階の開発、商業化に至るまでのオリゴヌクレオチド製品とペプチド製品の最新の開発戦略を網羅します。

オリゴヌクレオチド分科会
  • 化学、製造、制御:オリゴヌクレオチド製品の開発を加速させるのに役立つ製剤原料と製剤の両方に対応するCMC、分析、製造、規制についての総合的な戦略が示されます。
  • 創薬、前臨床研究、臨床研究:薬様化合物としての優れた特性を有するオリゴヌクレオチド製品の開発を加速させ、臨床研究段階を経て市場に投入するまでの時間を短縮する方法が紹介されるほか、これまでの研究成果を評価し、臨床開発を改善するのに役立つ前臨床開発と臨床開発についての最新情報が紹介されます。
ペプチド分科会
  • 化学、製造、制御:プロセスの効率を高め、プロセス開発、CMC、製造段階での課題を克服するための方策に加え、新たに登場した複合分子に対する薬事規制機関の意向、新技術、各種のアプローチなどが紹介されます。
  • 創薬、前臨床研究、臨床研究:標的化、デリバリー、薬様化合物の特性の改善に役立つペプチドの合成、創薬、設計、工学分野の新たな研究テーマが検討されるほか、ペプチド、ペプチド様担体や構造の前臨床開発と臨床開発の最新の成果に関するケーススタディも紹介されます。

TIDESのみどころを紹介する動画


前回までのイベントに参加された方々の声

前回までのイベントに参加された方の多くは、有望なオリゴヌクレオチド製品やペプチド製品の商業的な成功に向けた開発作業を加速させるために必要な研究成果や技術に触れ、人脈を構築するための貴重な機会となるTIDESを高く評価しています。

ボストンで開催される2020年のTIDESで購買側の主要な組織と関係を構築


企業としての認知度を高める、新製品を発表する、新たな事業開発のチャンスを活かすといった目標の達成に役立つ最適なソリューションを見つけ出すことができます。

TIDES Tube - これまでに行われた学会の基調講演を見ることができます。


TIDES Tubeは、オリゴヌクレオチドとペプチドの開発に携わっている世界のコミュニティに向け、創薬早期段階にある有望な治療薬の開発を加速させ、後期段階から商業化段階へと移行させるのに役立つコンテンツを独占的に提供するものです。

TIDES Tubeでは、前回の学会で行われた基調講演の動画を見ることができます。