Informa

Cell & Gene Therapy Bioprocessing & Commercialization 2019
-細胞療法・遺伝子療法バイオプロセス商業化学会:2019年-
開催日:2019年9月9-12日
開催地:米国マサチューセッツ州ボストン、Boston Convention and Exhibition Center (BCEC)

バイオプロセス、製造、サプライチェーンの画期的な戦略を探求する細胞療法と遺伝子療法に焦点を絞り込んだ学会

世界の著名な専門家から、臨床試験段階や開発後期段階に入っている細胞療法、遺伝子療法、CAR-T細胞療法の開発プログラムに革命的な変化をもたらす最新の技術や商業化の手法について学ぶことができます

Part of Biotech Week Boston

Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English
更新通知サービス
更新履歴
2019/06/18
講演者・スポンサー更新
2019/05/22
アジェンダ・講演者更新
2019/05/08
アジェンダ・講演者・スポンサー更新
2019/04/22
講演者更新
2019/04/09
アジェンダ・講演者・スポンサー更新

速報:内容が一新される2019年のプログラム

初期臨床研究段階にあるCAR-T細胞療法と遺伝子療法の進歩
  • 固形腫瘍、併用療法、安全スイッチなどの要因による抗CD19抗体の適用範囲拡大
  • CRISPRやエクソソームなど、基礎研究から臨床研究への移行を促す技術
  • 最適な臨床応用に向けた持続可能なプロセスを早期に構築する方法
細胞療法と遺伝子療法のバイオプロセス
  • プロセス解析工学 (PAT) と自動分析技術を利用しプロセス全体で品質を監視する戦略の構築
  • 効率的な上流プロセスと下流プロセスに対応する技術と新たなプラットフォーム
  • 製造業務の自動化と商業化に対する準備作業の簡素化
細胞療法と遺伝子療法の商業化
  • インダストリー4.0の実現に向けた作業−医療システムのなかに製造業務と配送業務を統合するための取り組み
  • 外部のパートナーと連携して商業化を推進する手法の活用
  • 施設の設計と拡張に関する戦略に先見性のある考え方を盛り込むことによる収益性の確保
サプライチェーンの障害:上流プロセスと下流プロセスの課題
  • 原材料のサプライチェーンにおける信頼性の向上−ベクター、リスク緩和など
  • 臨床研究段階から商業段階の製造へと移行するに際しての低温物流の課題に関する最新情報
  • 患者への配送とサプライチェーンの拡大を成功裏に進めるための準備
細胞療法と遺伝子療法の分野における提携
  • 進化を続ける細胞療法と遺伝子療法の最新動向
  • 製品開発に向けた提携−アウトソーシングの新たなモデル、スピンアウトを決断する時期など
  • 償還に対する薬剤経済学的な手法
バイオファブリケーション−商業化への道:ARMIと共同開催

このイベントのパートナーであるARMI (Advanced Regenerative Manufacturing Institute) との共同開催となるこのストリームでは、培養組織の大規模な生産を実現する手法や組織関連の技術に関する多彩なセッションが展開され、既存の業界を後押ししつつ、新たな業界の成長を促します。

 

多様な組織のニーズに対応する学会です

先駆的な研究を行っている組織

- 革新的な製品の開発に構想段階から取り組んでおり、理論を現実へと変えるのに役立つ知識を吸収したいと考えています。

参加をお勧めする理由

- 優れた着想を有する小規模な新興バイオテクノロジー企業の幹部によるプレゼンテーションを聞くことができます。

- 個別会談支援ツールを利用して他の出席者や技術プロバイダーの幹部と人脈を構築したり、自社の取り組みとの比較評価を行ったりすることができます。

細胞療法や遺伝子療法についての情報収集を行っている組織

- モノクローナル抗体などのモダリティに関する経験は有していますが、細胞療法や遺伝子療法のコミュニティにはこれまでほとんど足を踏み入れたことがありません。

参加をお勧めする理由

- これまでの経験をこの分野で生かすための方策について業界関係者の見解を聞くことができます。

- 関連業界の現状や未開拓の研究領域を把握することができます。

- この分野で存在感を示し、他の組織と協力関係を構築することで、成功へのチャンスを手にすることができます。

問題解決に取り組んでいる組織

- 製薬業界の課題を明確化することで、オピニオンリーダーとしての存在感を示したいと考えています。

参加をお勧めする理由

- 関連業界の主要な組織の代表に会うことができます。

- ブランドイメージを構築することで、この分野での地位を確保することができます。

- 最先端の研究データを発表する貴重な機会を得ることができます。

2018年に開催された学会の概要

350人以上
ボストンで開催された2018年の学会には、これまでで最も多い350人以上の参加者が集まりました。
100社以上
2018年の学会には100社を超える企業が代表を派遣しました。
4日間
個々の分野を深く掘り下げるセッションが4日間にわたって展開されました。

Cell & Gene Therapy Bioprocessing & Commercialization 2019 ポスター発表


Cell & Gene Therapy Bioprocessing & Commercialization 2019 でポスター発表を行うことにより、研究成果をアピールすることができます。ポスターは、会期を通じて展示会とポスター発表が行われるエリアに掲示されます。

ポスター発表を行うには、学会への参加登録が必要です。

参加をお勧めする理由:

同業他社の実績と比較

治療薬の開発に携わっている企業の多くは、スケールアップ、安全性の確保、再生製造、サプライチェーン、価格設定、償還などにまつわる現実的な課題に直面しており、他社の実績と比較することで、自社が立ち遅れていないかどうか確認することができます。

重要なプロセスについての知識を吸収

製品の製造方法が企業の浮沈を左右するという点を踏まえ、製造原価が収益を上回るような製品や、製造に10時間かかるにもかかわらず、8時間しか安定した状態を維持することができない製品を開発することの是非を検討することができます。

業界をリード

希少疾患に対する新たな治療法の開発に向けた継続的な提携関係を構築し、業界をリードするための足がかりを築くことができます。