Informa

Future of Work Summit
-未来の働き方サミット-
開催日:2020年9月8日
開催地:英国、ロンドン
新型コロナウイルス感染症の影響による会議の延期・中止について
当会議は、新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、延期、または中止される可能性があります。 会議の日程や内容の変更に関する最新の情報は、主催者のウェブサイトでご確認いただくか、メニューのお問い合わせページより、当社にご連絡下さい。

変化を受け入れ、職場の新たな現実に対応

技術の進歩と人口動態の変化を踏まえつつ、未来の働き方への準備を整えるために

企業の間で、社会や自らが属する業界の動きに則して従業員の働き方を刷新する方法を模索する動きが広がるなか開催されるFuture of Work Summitは、組織の近代化、職場の進歩、従業員の能力開発などに取り組んでいる人々に重要な知識を提供するイベントです。

Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

Future of Work Summitの概要

219人
未来の働き方を探求している企業幹部や専門家など219人を超える参加者が集まります。
36人
先駆的な研究を行っている36人の専門家が講演を行います。
62%
企業や団体の幹部が出席者の62%を占めています。

職場の刷新を進めるための取り組み


2020年のFuture of Work Summitでは、職場の刷新を進める際の鍵となる3つの重要な要素である人、プロセス、技術が焦点となります。このサミットは、これら3つの要素の間にある明白な相互関係を探求しながら、柔軟な人員配置計画策定プロセスの構築、今後必要となる技能の見極め、不確定な未来に備えるための方策といった課題への答えを見つけ出すことができる貴重な機会となっています。

今度のサミットでは、職場全体の改革を組織的に進めるなかで新たな技術が担う役割に光が当てられます。また、AIがもたらす比類のないチャンスを活かすための方策、業務の効率化を進めるうえでビッグデータがもたらす効果、自動化が進む世界での倫理的なAIの探求などのトピックに焦点を絞り込み、技術面の課題に正面から切り結ぶ議論も行われます。

2020年の主なトピック

オフィスから自宅まで:洗練された労働環境の構築

拡張されたソーシャルプラットフォーム、テレプレゼンスの将来像、未来型リモートワークの推進

管理者レベルの従業員の研修法とキャリア開発のなかで技術が担う役割

デジタル世界での公平性と就業機会に対する理解

従業員の満足度と経営目標の両立

世代間の対立と協力

London Technology Week 2020のみどころ


2019年のLondon Technology Weekの動画をご覧いただけます。さらにパワーアップする2020年のイベントにご期待ください。

 
メール配信サービス