Autonomous Vehicles Asia 2020
-アジア自動運転車会議:2020年-
開催日:2020年3月16-19日
開催地:シンガポール、Amara Sanctuary Resort Sentosa
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

更新通知サービス

2030年のドライバーレス社会を見据えた動き

パイロットプロジェクトの段階から普及段階へと進む今後10年間の競争に立ち向かうための戦略

世界の自動運転車の市場規模は、2024年の時点で1,723億ドルに達する見通しです。アジア地域でも、さまざまな構想が動き始めており、多くの組織が自動運転車のパイロットプロジェクトを積極的に展開しています。こうした動きは、2030年までに完全な自動運転機能が実用化されるという一般的な予測にも合致するものであり、これを実現させるための重要な要素であるネットワーク接続機能の問題も、次世代の5Gネットワークによって解決できるようになっています。未来のドライバーレス社会実現というパズルの最後のピースが出揃ったことにより、自動車市場では2030年までの10年間にわたる競争が始まっています。

しかし、自動運転車をパイロットプロジェクトの段階から普及段階へと移行させる過程では、規制、法的責任、インフラストラクチャ、ネットワーク接続、サイバーセキュリティ、安全性など、未解決のさまざまな障害に対処する必要があります。

今回のAutonomous Vehicle Asiaでは、アジア地域における自動運転車開発プロジェクトのケーススタディが紹介されるほか、各レベルの自動運転技術が直面する重要な課題をめぐって議論が展開される予定であり、この地域における提携関係を強化しながら、今後10年間の開発競争に向け準備を整えることができます。

2020年の主な講演者:

講演者のリスト

2020年の主なテーマ

各国政府の規制や標準を先進的な輸送技術に適合させるための取り組み

自動運転車の実用化に向け道筋をつけるための提携と技術革新

未来の都市を支える未来型モビリティ技術

5G次世代ネットワークが自動運転車の市場に及ぼす影響

パイロットプロジェクト段階から普及段階への移行に伴う障害を克服するため各社が進めている取り組みから得られる教訓

この会議への参加をお勧めする理由

why-attend icon

自動運転車の将来像についての知識を吸収し、理解を深めることができます。

why-attend icon

ビジネスモデルの開発を推進し、確かな舵取りを通じて今後の変化を先取りするのに役立つ各種の利用事例を検討することができます。

why-attend icon

5G次世代ネットワークと技術を活用して完全な自動運転へと近づけていく方法を見つけ出すことができます。

why-attend icon

自動運転車の開発を加速させるのに役立つ提携戦略についての実用的な情報と重要な教訓を得ることができます。

why-attend icon

スピードネットワーキングセッションが予定されており、自動運転車のバリューチェーン加わっているさまざまな組織の専門家と人脈を築くことができます。

参加者の声

メディアパートナー
 
メール配信サービス