Customer Contact Week Asia 2020
-カスタマーコンタクトウィークアジア:2020年-
開催日:2020年3月2-5日
開催地:シンガポール、Sands Expo & Convention Centre
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

更新通知サービス

未来へとつながるコンタクトセンターを構築するために

デジタル|顧客中心|高業績|付加価値

現在多くの顧客がデジタルの世界に足を踏み入れています。こうした顧客の高まる期待に応え、今後のデジタル化の進展に備えるため、アジア地域のコンタクトセンターは、デジタルトランスフォーメーションに関するそれぞれの計画を強化し、実施可能な状態にするための作業に全力で取り組んでいます。

コンタクトセンターをテーマにしたアジア地域で最大規模のイベントであるCustomer Contact Week Asia 2020では、「AIとデジタル化」、「自動化とオペレーショナルエクセレンス」、「デジタル顧客ケアとエクスペリエンス」、「サービスと品質の変革」という4つの分科会を通じ、この地域でコンタクトセンターを運営している企業の幹部に、将来を見据えたコンタクトセンターの構築に役立つ情報を提供します。

今度で11回目となるこのイベントでは、40以上のケーススタディが発表される予定であり、優れた能力を有する顧客中心の考え方に基づいた顧客エンゲージメントハブを実現し、自らの組織にもたらす付加価値を絶えず高めていくため、コンタクトセンター運営企業の幹部が進めている取り組みにスポットライトが当てられます。

世界各地で開催されている顧客対応に
焦点を絞り込んだイベント

40人以上

コンタクトセンターの専門家40人以上が講演を行います。

40以上

講演やケーススタディの発表、パネルディスカッションなど40以上のセッションが予定されています。

4

個別のテーマに焦点を絞り込んだ4つの分科会が予定されています。

15

15のトピックに関するグループ討論が予定されています。

2019年のハイライト

このイベントへの参加をお勧めする理由

アジア地域の企業で、優れた能力を発揮することが可能な顧客中心の考え方に基づく業務体制の実現に向けコンタクトセンターの戦略的な変革を推進している顧客対応担当幹部の取り組みについて学ぶことができます。

センチメント分析やインテリジェントオートメーションなど、AIや機械学習の技術を利用したアプリケーションを活用してオペレーショナルエクセレンスやサービスエクセレンスを実現し、今後の変化に対応可能なコンタクトセンターを実現していくための方策を学ぶことができます。

顧客の声 (VOC) をすくい取るための効果的なプログラム、ジャーニーマップ、デザイン思考などを用いて顧客の満足度とサービスの質を高めていく方法を学ぶことができます。

チャネルの優先順位設定、セルフサービス機能への投資、ソーシャルメディア対策などを含むチャネル戦略を再検討し、変化する顧客の好みに対応していくための取り組みについて学ぶことができます。


アジア地域の先進的なコンタクトセンターを基準にして自社コンタクトセンターの実績を評価することができます。


CX Leaders Week Asia 2020と同時併催される第11回Customer Contact Week Asia 2020では、各種のチャネルや接点、カスタマージャーニーで優れたエクスペリエンスを提供するため組織が実行可能な方策にスポットライトが当てられます。

参加者の声

スポンサー
メディアパートナー

 
メール配信サービス