Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

病院と製薬会社を後押しする次世代の患者ケアと革新的な技術

コネクテッド時代が到来し、多くの人々が医療情報にアクセスできるようになったことで、医療関連の製品やサービスに対する患者の理解、関与、消費のあり方に多大な影響が及ぶようになっています。また、医療サービスのプロバイダーや製薬会社の側も、高まる患者の期待に応えるうえで患者中心の考え方が重要な意味を持っているという点をいち早く認識しています。2018年12月5日から6日まで開催される第1回Patient Experience Asia Summitでは、デジタル化の進行という新たな状況のなかで患者に最高水準のエクスペリエンス (経験価値) を提供するための方策を見出すことができます。

このイベントには、アジア太平洋地域の主要な医療機関や関連企業の幹部が集まり、患者の声を聞くための効果的なプログラムの構築、AI活用による効果の予測に基づく治療の実現、デジタル時代の患者を視野に入れたオムニチャネルでの展開、業務の自動化とデジタル化による優れたサービスの実現、患者ジャーニーマップ作成などの分野におけるベストプラクティスをめぐって議論を展開します。

主な講演者

講演者全員のリスト

主なテーマ

組織内で患者中心の考え方を普及させるためのロードマップ

ケア、サービス、業務の改善を後押しする医療分野でのデジタル化

データに重点を置いた個別化医療と予測医療

オムニチャネルの患者対応戦略の重要性

患者のエンゲージメント、維持、ロイヤルティの新たなルール習得に向けたプログラムとツールの刷新

優れた医療計画と患者の声を聞くための効果的なプログラムによる人間中心の医療の実現

参加をお勧めする理由

医療関連部門や業界のさまざまな組織の幹部を対象としたイベントです。

医療関連業界の組織に対応する患者中心の優れたエクスペリエンスの設計方法を学ぶことができます。

医療部門のデジタル化を加速させ患者のエクスペリエンスを転換していく方策を見つけ出すことができます。

デザインシンキングとコグニティブ技術を利用して患者との相互交流を強化し、医療プログラムを改革する方法を学ぶことができます。

モバイル機器やソーシャルメディア、対面治療などを組み合わせた一体的なオムニチャネル患者エンゲージメント戦略の可能性を引き出すための方策を学ぶことができます。

自動化と組織内の文化の転換を通じて患者中心の医療活動を強化する方法を見つけ出すことができます。

次世代の医療提供に向けアジア地域の病院、製薬会社、医療保険会社などの専門家と人脈を構築し、ベストプラクティスについて意見を交換することができます。

メディアパートナー
 
メール配信サービス