Adoptive Cell Transfer Congress

When

2019年10月10-11日
Registration from 8am

Where

英国、ロンドン
London Heathrow Marriott Hotel

Adoptive Cell Transfer Congress
-養子細胞移植学会-
開催日:2019年10月10-11日
開催地:英国、ロンドン、London Heathrow Marriott Hotel
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

更新履歴
2019/10/02
スポンサー更新
2019/09/10
スポンサー更新
2019/08/26
アジェンダ・講演者・スポンサー更新
2019/07/19
スポンサー更新
2019/06/20
スポンサー更新
2019/05/22
講演者・スポンサー更新

Adoptive Cell Transfer Congress

CARとTCRを利用した治療法の新たな進歩についての分析

この学会では、製薬会社や大学に所属する専門家がキメラ抗原受容体 (CAR) T細胞療法の最新の研究成果やT細胞受容体療法の有望な領域について発表を行います。会期中は、患者やドナーのT細胞の組換え、受容体の改変、標的の選定などに向けた設計と開発の戦略に関する講演が行われ、臨床応用の進展や未解決の課題についての議論が展開されます。

“I liked the fact that the conference was really focused ... allowing to learn and discuss specific subjects with experts in the field”

“Excellent opportunity to discuss topics in detail and to network”.

“The research sessions were very good and of high quality”

この学会は、がん免疫療法に関する研究と技術をテーマにした一連のイベントの1つです。この学会の参加登録者は、5つの学会のなかで行われる100以上の講演を聞くことができるほか、専門領域の垣根を超えて人脈を広げたり、新たな知識を吸収したりすることが可能です。

同時併催されるすべての学会に参加することができます

 

2019年10月10日(木) – 細胞工学


基調講演: 頭部および頸部のがんに対するT4汎ErbB標的化CAR-T細胞免疫療法:第1相臨床試験の結果
JOHN MAHER, Senior Research Fellow, King’s College London
• A CAR has been engineered using a promiscuous ligand that engages 8 distinct ErbB dimer species
• Phase 1 evaluation has been initiated in patients with head and neck cancer, using intra-tumoural delivery and phased dose escalation to mitigate risk
• Fourteen patients have been safely treated to date, at doses of up to 1Bn cells, without DLTs and with an efficacy signal evident.
基調講演: CAR-T細胞の組換えに対応するTALENプラットフォーム
LAURENT POIROT, VP Immunology Department, Cellectis
• TALEN-mediated gene editing is highly efficacious, precise and specific
• Incorporation of gene-editing in a robust manufacturing process is leveraged to maximize the potential benefits of allogeneic approach in haematological malignancies
• The complexity of genome editing can now be increased to tackle even more difficult cancers.


Morning Refreshments / Poster Presentations


Developing TIL based treatment for solid tumours
ROBERT HAWKINS, CEO Immetacyte Ltd /Honorary Professor Medical Oncology, University of Manchester
• Background to TIL therapy and potential benefits in solid tumours
• Clinical results in melanoma
• Pre-clinical data in other tumours
• Engineering TIL to produce second generation products
Beyond CD19: multi-targeted adoptive cell therapy for solid tumors
STEFFEN WALTER, CSO, Immatics US
CAR-T therapies are revolutionizing the treatment of haematologic malignanices but have shown limited success in solid tumors. TCR-T based approaches have delivered historically better response rates in solid tumors, but are critically lacking validated targets for large cancer indications. XPRESIDENT® is the leading platform for the discovery of novel targets for all types of TCR-T therapy. XCEPTOR® is a leading platform for the discovery of affinity-tuned, safer T-cell receptors. Together, these technologies have enabled a pipeline of clinical-stage adoptive cell therapy programs, namely ACTolog® and ACTengine®, which include one of the first clinical trials to apply multi-targeted TCR-T to solid tumor patients


Lunch


NK Cell Stimulation Using Membrane Bound IL-21
ROBERT IGARASHI, CSO, Cytosen Therapeutics
• Addressing the needed for an effective and robust methodology for efficient production of large doses of NK cells with high anti-tumor potency
• NK cell stimulation for production of high dosages and repeat dosages of highly potent NK cells.
• Advancing clinical development of NK cell therapeutics for treatment of AML in the near future
The potential of natural killer cells as novel therapeutics
BOB VALAMEHR (Reserved), Vice President of Cancer Immunotherapy, Fate Therapeutics
Engineering NK cell formats
Rivogenlecleucel (Rivo-cel™): Making a Difference in Pediatric Leukemias & Orphan Blood Disorders
KAI CHAN, VP EU Head of Medical Affairs, Bellicum Pharmaceuticals


Networking Drinks Reception


2019年10月11日(金) - ケーススタディと戦略

基調講演: T細胞受容体遺伝子改変養子細胞療法:将来に向けての技術革新
DOLORES SCHENDEL, CEO and CSO, Medigene
• First generation TCR-Ts are in numerous clinical studies
• Innovations will alter new generation TCR-Ts going forward
• Innovations have potential to change safety and efficacy of cellular products
• Innovations can improve manufacturing and reduce cost of goods
Understanding drivers of clinical pharmacology for engineered T cell products
CEDRIK BRITTEN, Head of Oncology Cell Therapy Research Unit (OCT RU), GSK
• Selection of antigen(s) for CAR/TCR T cells
• Design of immune-receptor constructs
• Efficacy-enhancement technologies to drive benefit in patients with solid cancer
• Selection of dose for CAR/TCR-T
• Update on clinical development of GSK3377794 (NY-ESO TCR-T)


Morning Refreshments / Poster Presentations


Starting up clinical trials with TCR-modified T cells in solid cancers
MONA WELSCHOF, Director Clinical Development, Zelluna Therapeutics
• Introduction of Zelluna’s TCR-modified T cell Approach
• Pinpointing the importance of understanding the regulatory pathways and early interactions with regulatory authorities
• Discussion of the various operational challenges in setting up adoptive cell therapy trials
Exploring the regulatory landscape for cell therapies
VICKI COUTINHO (Reserved), Senior Director Regulatory Affairs, Autolus


Lunch


Combining Innate and Adaptive Immunity: Using NK Receptors for CAR T Cell Therapy
PEGGY SOTIROPOULOU, Director, Research & Development, Celyad
• Leveraging NKG2D receptor for cancer immunotherapy
• Autologous NKG2D-based CAR T cells to target hematopoietic and solid tumours
• Non-gene edited allogeneic NKG2D-based CAR T cell therapy
GUCY2C CAR-T cell Therapy for Metastatic Colorectal Cancer
ADAM SNOOK, Assistant Professor of Pharmacology and Experimental Therapeutics, Thomas Jefferson University
Guanylyl cyclase C (GUCY2C) is a cell surface receptor expressed in the apical brush border membrane of intestinal epithelial cells and an emerging target for cancer immunotherapy. GUCY2C is expressed throughout the intestinal tumorigenesis processes from benign adenomas to metastatic adenocarcinomas in nearly all colorectal cancers, making it an attractive target for cancer immunotherapy. Here, I describe our approach to develop an adoptive cell therapy (ACT) paradigm employing T cells engineered to express a chimeric antigen receptor (CAR) targeting GUCY2C. In preclinical studies, GUCY2C CAR-T cells eliminated bulky colorectal cancer metastases, without toxicity, positioning this therapy for translation to clinical studies in patients with colorectal cancer, the 3rd leading cause of cancer-related death in the world.
Advancing CAR T products for targeting solid tumors to the clinic
CHRIS KLOSS (Reserved), Scientist, Janssen


Chair’s Closing Remarks / Conference Close


* 不測の事態により、事前の予告なしにプログラムが変更される場合があります。

 

アジェンダ

350人以上の専門家が集まるこの学会は、患者やドナーのT細胞を組換えてがん治療のための強力な武器を生み出すための研究に取り組んでおられる方々を対象としています。

アジェンダのダウンロード (PDF)

講演者

スポンサー

すべてのスポンサーのリスト

開催地

London Heathrow Marriott Hotel

London Heathrow Marriott900

Bath Road, Harlington, Hayes, Middlesex, UB3 5AN

ポスター発表

ポスター発表は、休憩時間中だけではなく、分科会セッションと同時進行でも行われます。製薬会社や研究機関の研究者が作成したポスターは、いずれも学会事務局の承認を得たうえで、会場内の所定のエリアに掲示されます。

また学会閉幕後には、ポスター発表の要旨をまとめた電子書籍が出席者全員に配布されることになっており、ポスターを.pdf形式のファイルにして公表することもできます(希望者のみ)。

ポスター発表は、出資や雇用の機会を求めておられる方にとっても、単に同じような考えの研究者や同じテーマに取り組んでいる研究グループに成果を披露したいと考えておられる方にとっても、会場内で多くの注目を集めることができる貴重な機会となります。

ポスター発表を行うには、学会への参加登録が必要です。ポスターを掲示できるスペースは限られており、審査を通過して参加登録された方から先着順に受け付けますので、早期のお申込みをお勧めします。

企業に所属されている方がポスター発表を行う場合、100ポンドの管理費を請求させていただきます。このなかには、ポスター発表のエリアを確保するための費用やデイスプレイボードの費用、各種案内の費用などが含まれます。なお、研究機関や非営利組織の発表者は無料です。

ポスター発表の申込方法

専用のフォームにご記入のうえ、2019年9月20日までに提出してください。期日前であっても、スペースがすべて埋まった時点で募集を締め切りますので、早期のお申込みをお勧めします。ご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください。

カンファレンススポンサー

スポンサーの募集

この学会のスポンサーや出展者になることにより、打ち解けた雰囲気のなか専門家と意見を交換しながら、さまざまな組織の代表と公式、非公式の会談を行って提携関係を構築していくチャンスを手にすることができます。

また各種のスポンサーパッケージも用意されており、多様な選択肢の中から予算や事業面のニーズに合ったものを選ぶことで大きな投資収益を得ることができます。

これ以外の方法でこの学会のスポンサーとなったり、ブランディング活動を展開したりすることを検討されている方も、どうぞお気軽にご相談ください。それぞれのニーズに合ったサービスを提案させていただきます。

事前に予約可能な20分の個別会談枠

スポンサーと出展者は、メインカンファレンスの分科会セッション中に設定されている20分ずつの個別会談枠を事前に予約して、希望する相手に会うことができます。会期中は、Global Engageのチームが会場に常駐し、時間通りに会談を行うことができるようお手伝いいたします。

メインカンファレンス前後のワークショップ

メインカンファレンスの前後に、特定のテーマに関心を持つ方々を対象とした半日あるいは全日のワークショップを開催することができます。Global Engageは、ワークショップについての広報活動を展開し、十分な出席者を確保することができるよう支援します。

学会開幕前のマーケティングとブランディング

Global Engageのデータベースを利用してマーケティングを展開することが可能であり、ポスターを掲示したり、休憩や昼食会、レセプション、ポスターセッションのスポンサーになったりすることでブランド認知度を高めることもできます。また、出席者に配布するランヤードや学会資料のバッグにロゴを印刷するといったブランディングのための追加オプションも用意されています。

出展

会期中、会場内に設けられる専用の展示会エリアですべての出席者に技術や製品を披露することができます。展示会エリアは、休憩や昼食、1日目夕方に行われるレセプションの会場にもなります。

講演

講演の形態

  • 30分間の講演
  • 30分間のパネルディスカッションに司会進行役あるいはパネリストとして参加
  • 学会のプログラムのなかで1時間のワークショップを開催
スポンサーの募集

詳細は株式会社グローバルインフォメーションまでお問い合わせください。

ビザを含む渡航手続き、展示品等の通関手続きは各出展社様ご自身の責任にて行って頂くようお願い申し上げます。

出展関連のお手配(会社紹介、会社ロゴ、また参加者一覧の提出等の出展社情報登録、ブース装飾・備品発注、展示品の搬入出・ブース周り書類提出、損害保険など)に関しては、お手数ですが直接、主催者へご連絡頂ければ幸いです。

ご旅行(宿泊、航空券)、現地通訳、渡航・損害保険加入などについてはそれぞれ専門の業者をご案内させて頂きます。

Adoptive Cell Transfer Congressのスポンサーの詳細については、お問い合わせください。

出席者、パッケージ、新たな募集などについての詳細な情報は、お問い合わせください。このイベントについて評価を行うために必要となる情報をお送りいたします。

メディアパートナー

  • 247 Updates
  • Bentham Science
  • Biocompare
  • Biotechgate
  • EIN Presswire
  • Global Information
  • Pharma Journalist
  • PharmaVOICE
  • SciDoc Publishers
  • Pharmaceutical Tech
 
メール配信サービス