Cambridge Healthtech Institute’s 2nd Annual

Oligonucleotide CMC and Regulatory Strategies
( オリゴヌクレオチドのCMCと薬事規制に関する戦略 )

製品開発と商業的な成功に向けた取り組みを加速

2020年3月17-18日

 

オリゴヌクレオチドのCMCと薬事規制に関する戦略をテーマにしたこのカンファレンスプログラムは、オリゴヌクレオチド治療薬の創薬とデリバリーに関するプログラムを補完する役割を担うものであり、主要なバイオテクノロジー企業と大手製薬会社の研究者や幹部がCMC、製造、分析、規制などの分野の動向について、独自の見解を披露します。製品開発のプロセスを最適化し、市場投入までの時間を短縮する方法を学ぶことができるこの貴重な機会をどうぞお見逃しなく。

 

Coverage will include, but is not limited to:

 

  • Adoption and implementation of innovative technologies used in CMC and manufacturing 
  • Reducing costs and improving the efficiency of manufacturing processes   
  • When to outsource manufacturing and what to assess when doing so
  • Identifying the best analytical methods for characterizing impurities
  • How to prepare for a regulatory submission
  • Critical feedback on successful IND and NDA submissions
  • Overcoming common regulatory hurdles
  • Examining the safety and toxicity of nucleic acid therapeutics

 

* 不測の事態により、事前の予告なしにプログラムが変更される場合があります。

Choose your language
Korean
English


更新通知サービス


Oligonucleotide Discovery and Delivery


メール配信サービス