Cambridge Healthtech Institute’s 5th Annual

Oligonucleotide Discovery and Delivery
( オリゴヌクレオチド治療薬の創薬とデリバリー )

設計、デリバリー、効能の最適化

2020年3月17-18日

 

オリゴヌクレオチド治療薬の創薬とデリバリーをテーマにしたこのカンファレンスプログラムでは、新たな化学技術、デリバリー機構、重要性の高い前臨床研究や臨床研究の成果などのトピックを深く掘り下げるセッションが展開され、創薬、化学、デリバリーの先進分野における最新の戦略が明らかになります。会期中は、オリゴヌクレオチド分野の主要な研究者が、アンチセンス、RNA、アプタマー、オリゴヌクレオチド複合体についての詳細なケーススタディを発表するセッションも予定されており、特定の標的に対応する次世代オリゴヌクレオチド治療薬の開発に役立つ知識を吸収することができます。

 

Coverage will include, but is not limited to:

 

  • Developments from early discovery through to late-stage clinical programs
  • Advances in the following areas, including but not limited to: the CNS, the liver, inhalation drugs, immuno- oncology and ocular diseases
  • Adoption and implementation of innovative technologies used in discovery and delivery
  • Examining the safety and toxicity of nucleic acid therapeutics
  • Strategic collaboration between big pharma and small biotechs

 

* 不測の事態により、事前の予告なしにプログラムが変更される場合があります。

Choose your language
Korean
English


更新通知サービス


Oligonucleotide Discovery and Delivery


メール配信サービス