Cambridge Healthtech Institute’s Inaugural

Artificial Intelligence for Drug Discovery & Development
( 創薬と開発のための人工知能 )

薬剤設計から臨床試験までの応用分野

2020年3月19日

 

創薬と開発のための人工知能 (AI) をテーマにしたこのシンポジウムでは、早期段階の創薬、薬物代謝と薬物動態 (DMPK) /毒性の研究、臨床試験の管理など、医薬品開発パイプライン上での作業にさまざまな形で関わっている研究者や臨床医、企業幹部が一堂に会し、AI、機械学習 (ML) 、データマイニングなど、近年利用が拡大している分析技術について意見を交換します。またシンポジウムでは、創薬や開発の分野におけるAI利用の現状が紹介されるほか、ケーススタディや調査の結果を踏まえた先進的な概念を応用するための取り組みにもスポットライトが当てられます。

 

Coverage will include, but is not limited to:

 

  • Applications of AI:
    • Drug design and lead optimization
    • Target identification and validation
    • Disease modeling and mechanisms of action
    • Defining genotypes and phenotypes
    • Adverse events and drug toxicity
    • Patient stratification and response
    • Drug combinations and repositioning
  • Case studies elaborating how AI/ML can help drug discovery and precision medicine
  • Understanding limitations and caveats when using AI/ML Predictions
  • AI/ML vs deep learning in drug development, correlation vs causality?
  • How is AI/ML addressing real-world healthcare problems?

 

* 不測の事態により、事前の予告なしにプログラムが変更される場合があります。

Choose your language
Korean
English


更新通知サービス


Oligonucleotide Discovery and Delivery


メール配信サービス