生物学的製剤の発現と製造

高品質の生物学的製剤に対する需要は、これまでになく高まっています。タンパク質の発現、製造、精製のためのハイスループット技術、および柔軟性の高い発現系や手法は、生物学的製剤の研究と製造のパイプラインに関するさまざまな要望に対応するうえで必要不可欠なものです。1週間にわたって展開される生物学的製剤の発現と製造をテーマにしたこのパイプラインでは、治療用タンパク質をより効率的、効果的かつスムーズに発現させるための最新のデータ、革新的な手法、戦略などに関するセッションが予定されています。


1月20~21日

Engineering Genes, Vectors, Constructs, and Clones
( 遺伝子、ベクター、構築物、クローンの開発 )

1月21~22日

Recombinant Protein Expression and Production
( 組み換えタンパク質の発現と製造 )

1月23~24日

Optimizing Expression Platforms
( 発現プラットフォームの最適化 )


Keynote Speakers

Josh LaBaer, MD, PhD, Executive Director, Biodesign Institute, Arizona State University


Phillip Berman, PhD, Distinguished Research Professor, Biomolecular Engineering, University of California, Santa Cruz


John K. Kawooya, PhD, Director, Biologics Optimization, Discovery Research, Amgen, Inc.



* 不測の事態により、事前の予告なしにプログラムが変更される場合があります。

Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English


更新履歴
2019/12/18
アジェンダ・スポンサー更新
2019/12/10
アジェンダ・スポンサー更新
2019/11/26
アジェンダ・スポンサー更新
2019/11/14
アジェンダ更新
2019/11/06
スポンサー更新
2019/10/15
講演者・スポンサー更新
2019/09/25
アジェンダ・スポンサー更新
2019/08/23
スポンサー更新




2020年のカンファレンスプログラムと研修セミナー


メール配信サービス