分析法と不純物

従来の生物製剤に加え、新たな生物学的製剤のモダリティやバイオシミラーが創薬と開発のパイプラインにひしめき、分析機能が急速に進化するなか、精度の高いハイスループットツール、焦点を絞り込んだ生体分子アッセイや生物物理学的アッセイ、迅速な分析と不純物プロファイリングのための戦略を求める声が高まっています。分析法と不純物をテーマにしたこのパイプラインでは、生物製剤の特性評価、粒子や不純物に起因する安定性の問題、免疫原性、タンパク質凝集などに関連する最新の動きや重要性の高い施策、およびこれらの問題が生物学的医薬品の安定性と安全性に及ぼす影響などについての踏み込んだ見解が示されます。


1月20~21日

Characterization of Biotherapeutics
( 生物学的製剤の特性評価 )

1月21~22日

Detection and Characterization of Particulates and Impurities
( 微粒子と不純物の検出と特性評価 )

1月23~24日

Protein Aggregation and Emerging Analytical Tools
( タンパク質凝集と新たな分析ツール )


Keynote Speakers

Elizabeth M. Topp, PhD, Dane O. Kildsig Chair and Department Head, Department of Industrial and Physical Pharmacy, Purdue University


Paolo Arosio, PhD, Professor, Biochemical Engineering, Department of Chemistry and Applied Biosciences, ETH Zurich


Peter Schurtenberger, PhD, Professor, Department of Chemistry, Lund University



* 不測の事態により、事前の予告なしにプログラムが変更される場合があります。

Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English


更新履歴
2019/12/18
アジェンダ・スポンサー更新
2019/12/10
アジェンダ・スポンサー更新
2019/11/26
アジェンダ・スポンサー更新
2019/11/14
アジェンダ更新
2019/11/06
スポンサー更新
2019/10/15
講演者・スポンサー更新
2019/09/25
アジェンダ・スポンサー更新
2019/08/23
スポンサー更新




2020年のカンファレンスプログラムと研修セミナー


メール配信サービス