最終版のアジェンダが発表されました

Targeting Innate Immunity Congress
-自然免疫標的化学会-
開催日:2019年9月23-25日
開催地:米国マサチューセッツ州ケンブリッジ、Hyatt Regency Cambridge
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

更新通知サービス
更新履歴
2019/08/05
イベント情報更新
2019/06/14
スポンサー更新

Targeting Innate Immunity Congressについて

自然免疫系は、これまであまり研究が進んでいませんでしたが、近年治療介入のための有望な手段としてその重要性が認識されるようになっています。第1回Targeting Innate Immunity Congressでは、関連業界の専門家、大学の研究者、医師など、この分野のオピニオンリーダーが一堂に会し、自然免疫について理解を深めながら、その力を活かして効果的な免疫療法を行うための方策について考えます。2日間にわたって行われるこの学会では、ナチュラルキラー (NK) 細胞、マクロファージ、樹状細胞など、自然免疫を利用した治療法の分野における現在の状況と新たな進歩が焦点となり、自然免疫細胞の作用機序、効果的な調節のための戦略、腫瘍微小環境の影響といったトピックをめぐって議論が展開されます。打ち解けた雰囲気のなか、他の出席者と革新的なアイデアを出し合い、有意義な提携関係の構築に向けた交渉を推進し、自然免疫研究のコミュニティにおける最新の成果に触れることができるこの学会は、情報の交換と知識の吸収を通じて事業戦略の成果を拡大していくための重要な足がかりとなります。



Technology Hub of the Boston Area
Cambridge, Massachusetts

The city of Cambridge, part of the Greater Boston area, is best known for being the home of two world-class universities, Harvard University and Massachusetts Institute of Technology (MIT). MIT is located in the heart of Technology Square, an area consisting of 7 major buildings forming a quadrangle with a combined 1 million-plus square feet of office, lab, and retail space. Surrounding Technology Square are other major tech and life science companies like Amgen, Inc., Akamai Technologies, Twitter, Novartis International AG, The Whitehead Institute, Schlumberger-Doll, and the Charles Stark Draper Laboratory. Cambridge prides itself on being a progressive community, enjoying both a rich history and an open eye toward the future. We hope you will join us to explore this charming city on the leading edge of technology.

 
メール配信サービス