Exploring new frontiers
2019年4月9-11日 フランス、パリ、Marriott Conference Center
AI Net Conference 2019
-AIネット会議:2019年-
開催日:2019年4月9-11日
開催地:フランス、パリ、Marriott Conference Center

新たな未開拓領域の探求

第2回AI Netが2019年4月9日から11日まで、フランスのパリで開催されます。

この会議は、電気通信分野に応用されている人工知能 (AI) と機械学習をテーマにした重要イベントとして確固たる地位を築いています。

AIと機械学習は、障害分離、侵入検知、イベント相関、ログ解析、キャパシティプランニング、設計最適化など、ネットワーク関連のあらゆる領域で実際に利用することが可能になっています。

2019年の会議では、これらの新たな手法により実現可能になる次の未開拓領域や利用事例について考えます。

ソフトウェアデファインドネットワーク (SDN) とネットワーク機能の仮想化 (NFV) は、ネットワークデバイスからコントロールプレーンを分離し、汎用ハードウェア上でソフトウェア化されたネットワーク機能を稼働させることによりプログラム可能なネットワークを実現する技術です。SDN-NFVコントローラーは、カスタマイズされたネットワーク管理ポリシーをプログラミングすることにより、サービスプロバイダーのネットワーク管理で重要な役割を担うようになると見られていますが、このコントローラーには計算知能の技術が必要です。

機械学習をネットワーク管理に応用する技術の研究は、この数年で大きく進展しています。機械学習は、トラフィックフロー、パフォーマンス、品質、システムログ、コンフィギュレーションファイル、トラブルチケット、SNSなど、多様なデータに応用することができます。

AI Net 2019では、この領域における通信事業者や開発企業、機器ベンダーの最新動向をめぐって議論が展開されます。

2019年のアジェンダのセッション

AIと機械学習は、障害分離、侵入検知、イベント相関、ログ解析、キャパシティプランニング、設計最適化など、ネットワーク関連のあらゆる領域で実際に利用することが可能になっています。

2019年のイベントでは、新たなアプローチによって切り開かれる未開拓の研究領域や利用事例について考えるセッションが展開されます。
  • データ収集
  • テレメトリー、ビッグデータのストレージと処理
  • 統計解析、機械学習
  • ディープラーニングのアルゴリズムと決定論的解法
  • インテントベースのアプローチ
  • 自動化と運用自律化
  • 利用事例
  • セキュリティ面の問題

ネットワークデータサイエンスプラットフォームに関する討論

ネットワーク関連業界では、ネットワークのデータと機械学習のアルゴリズムを活用するためのプラットフォームを開発する動きが拡大しています。

今では、既存のハードウェアベンダーやソフトウェアベンダーだけではなく、新興企業もこの狭いニッチ市場に力を注ぐようになっています。

この討論セッションでは、さまざまな企業がこの種のプラットフォームに力を注ぐ要因についての見解、ベンダーの構想やオープンソース構想の多様な戦略の比較、複数の業界にまたがる包括的なデータサイエンスプラットフォームと比べた付加価値についての解説、これまでの利用事例や今後のトレンドについてのビジョンなどが示されるほか、AIを応用したネットワークのエコシステムで進行する技術革新に対しこれらのプラットフォームがどの程度対応できるのかという点も明らかになります。

実際に作業を行いながら進められるチュートリアル

このチュートリアルの目的は、人工知能に関連するオープンソースツールを使い、機械学習のさまざまな局面について考えることにあります。
  • 機械学習に関連するPython環境やR環境をインストールするための段階的な作業
  • 未加工データから表形式データへの変換
  • データ解析と特徴抽出
  • 問題のフレーミング:予測、クラシフィケーション、クラスタリング
  • モデルの選択、構成、セットアップ
  • モデルのトレーニング
  • モデルの実行と結果の解釈