• IMG_6693
The Interoperability Challenge.
2018年9月26-28日 / フランス、The Novotel Convention & SPA Roissy CDG
SD-WAN Summit 2018
-SD-WANサミット:2018年-
開催日:2018年9月26-28日
開催地:フランス、The Novotel Convention & SPA Roissy CDG

SD-WAN 2018: 相互運用性の課題

第3回SD-WAN Summitは、2018年9月26日から28日まで、フランスのパリ近郊にあるNovotel Convention & Spa Paris CDGで開催されます。

このサミットは、SD-WAN (ソフトウェアデファインドWAN) という新たな技術分野に関わっているさまざまな組織を対象とした重要イベントとして確固たる地位を築いています。

相互運用性、セキュリティ、拡張性

今度のイベントでは、SD-WANが通信業界を大きく変えつつある状況が明らかにされるほか、ビジネスサービスのグローバル化やサービスプロバイダーの地位に影響を及ぼす可能性についても議論されます。

しかしSD-WANが通信業界で多大な影響力を発揮するようなレベルに到達するまでには、セキュリティや拡張性などの面で多種多様な機能を備える必要があります。また、通信事業者や大手企業の明確な支持を獲得するには、各種サービス間の相互運用性の確保が不可欠です。

第3回SD-WAN Summitは、SD-WANに関わっているさまざまな組織がこれらの課題をどの程度認識しているか把握することができる貴重な機会となります。



"
The 2017 SD-WAN Summit demonstrated that all stakeholders in SD-WAN, from vendors to managed service providers are making significant progress in offering feature-rich products and services that enterprise IT can take advantage of."
- Mike Fratto, Research Director, GlobalData

アジェンダ:自動化、拡張性、セキュリティ、セグメントルーティングにまつわる課題

  • ベンダー間の相互運用性について期待することはできるのか。
  • どのようにすれば、ライブネットワークでのサービスに影響を及ぼすことなくデバイス管理スケールを迅速に拡張することができるのか。
  • SD-WANのセキュリティ機能を実装する場合、どのようなアーキテクチャを選べばよいのか。
  • インターネット重視の考え方は、それが原因となって生じる問題よりも多くの問題を解決できるのか。あるいは、ハイブリッドWANが予見可能な将来に向けての回答となるのか。
  • MPLSのセグメントルーティングは、純粋なプライベートSD-WANを実現する有望な手段といえるのか。
IPアーキテクチャ分野の著名な専門家がこの分野における技術面の重要課題に対する回答を示します。

討論:セルフサービスポータル、相互運用性、SD-WANアーキテクチャにまつわる課題

  • サービスの管理は本当に顧客の手に委ねられるのか、あるいは管理可能な範囲について明確な線引きがなされるのか。
  • 相互運用性に関して、標準化団体にはどのような取り組みが求められるのか。
  • ベンダーやサービスプロバイダーが提供するアーキテクチャの長所と短所は何か。

SD-WANのパネルディスカッションに参加し、この技術がエンタープライズWANを変えつつある状況について理解を深めることができる貴重な機会をどうぞお見逃しなく。

サービスプロバイダーや企業の幹部が多数参加

例年、多くの通信事業者や企業の幹部が参加して有益な議論が展開されます。これらの幹部からは、開発プロジェクトの焦点や自社が提供するサービスの今後の進化に対する見解を聞くことができます。

BT、Telia、Verizon、KDDI、Colt、Telus、Exponential-e、Carrefour、Interrollなどの報告を聞くことができます。



"

The conference demonstrated that SD-WAN is going to change the enterprise WAN not because of MPLS cost reduction but rather because it powers enterprise digital transformation. SD-WAN allows for enterprise agility and seamless adoption of cloud services through a software define network approach and cloud based presence. "
- Amir Zmora, The NewDialtone

2018年の展示会

 

  • IMG_6193


世界各地から多くの参加者を集め成功を収めた前回のサミット

第2回SD-WAN Summitには、31ヶ国 (前年に比べ60%増) から450人以上 (同80%増) の参加者が集まっており、この新技術に関わっているさまざまな組織を対象とした重要イベントとして確固たる地位を築くことができました。

前回のサミットでは、既存の通信事業者 (Orange、BT、Telia、Telefonica Tataなど) と新興の通信事業者 (Hub One、Jaguar Networksなど) の幹部が登場し、SD-WANが現在のMPLSに取って代わることを意図した技術ではないという明確なメッセージを発信しました。各社ともインターネットを利用して企業にWANサービスを提供していますが、ミッションクリティカルアプリケーションをサポートするためMPLSインフラストラクチャも維持しており、こうしたサービスは、実質的にSD-WANとMPLSを組み合わせたハイブリッドネットワークとなっています。


参加者の内訳:通信事業者と企業の代表が全体の50%

下記のデータからは、通信事業者、ISP、インテグレーターの代表が出席者全体の32%、企業の代表が18%となっていることが分かります。




"

On one hand, the Summit was confirmation of the manufacturers’ maturing the technology and focusing on use cases. On the other hand, and probably most remarkably, there was a clear message from the service providers aligning their strategies to transform their traditional IP/MPLS VPN services into SD-WAN concepts and technologies.” "
- Jean-Marc Uze Consultant