Javascript Menu by Deluxe-Menu.com

MPLS + SDN + NFV World Congress 2016 - MPLS + SDN + NFV世界会議、2016年 -
2016年3月8日 - 2016年3月11日
フランス、パリ、マリオット パリ リブ ゴーシュ

2016年に開催されるMPLS、SDN、NFVの総合イベント

2016年、前回同時併催されたMPLS SDN World CongressとNFV & SDN SummitがMPLS + SDN + NFV World Congressに一本化されます。

MPLS + SDN + NFV World Congressは、1日目の全体セッションで幕を開け、その後「NFVとオープンソース」および「MPLS SDN」という2つの分科会に分かれて進行します。

分科会:MPLS SDN

分科会:NFVとオープンソース

これまで18回にわたって開催されてきたイベントを継承するMPLS + SDN + NFV World Congressには、サービスプロバイダーやエンタープライズネットワークの進化を担う有力な組織の代表が顔を揃えます。




The 5G Observatory

今多くの人々が、「5Gとは何なのか」という疑問を口にします。その答えは、依然明確になっていませんが、全般的な要求条件 (周波数、チップの設計、拡張性、レイテンシー) についての合意は成立しています。
すでにベンダー各社は、これらの要求条件に対する技術面の対応を開始していますが、標準化のプロセスが始まっていないため、いずれも独自仕様の製品となっています。

MPLS + SDN + NFV World Congressと同時併催される5G Observatoryは、次世代のモバイルネットワークである5Gについて明確なイメージを描き出すための一助となるイベントです。


世界65ヶ国から1,500人を超える参加者が集結

2015年のイベントには、世界65ヶ国から1,500人以上の参加者が集結しており、SDN、NFV、MPLSの市場における初の国際的なイベントとして、さらには通信業界のコミュニティで高い知名度を有する重要な会議として、確固たる地位を築いていることが裏付けられました。

前回のイベントには、EU (58%) 、北米 (14%) 、ロシア (10%) 、アジア (8%) 、中東 (7%) など世界各地から参加者が集まっており、2016年に開催されるMPLS + SDN + NFV World Congressも、この分野における初の国際イベントとしての伝統を継承するものとなります。

この会議の特長
     
地域別内訳 職位別内訳 業種別内訳
     
アジア:8%
中東:7%
北米:14%
南米:3%
ロシアと東欧:10%
西欧:58%
ディレクター/バイスプレジデント/最高責任者レベルの幹部:34%
責任者/マネジャー:22%
技術者/開発者/設計者:21%
アナリスト/コンサルタント/記者:11%
その他:6%
プロジェクト/事業開発担当者:5%
通信事業者、ISP、インテグレーター:40%
研究者、大学教員:4%
企業従業員:5%
アナリスト、記者、コンサルタント:6%
機器ベンダー:25%
ソフトウェアソリューションのプロバイダー:10%
相互運用性テスト機関:6%
半導体企業:4%


展示会



To get more info about the exhibition and sponsorship opportunities, click-here

公開相互運用性テストの結果発表

European Advanced Networking Test Centre (EANTC) は、Upperside Conferencesと共同で、毎年MPLS SDN World Congressの会期中に公開マルチベンダー相互運用性テストを実施し、結果を公表しています。前回のMPLS SDN World Congressは、2015年3月17日から20日まで、NFV & SDN SummitおよびV6 Worldと同時併催されました。

テスト結果は、定期的に行われる会議参加者向けガイドツアーのなかで発表されており、前回も4日間の会期を通じて毎日行われました。

2015年はクラウドサービスの提供とMPLSコアの簡素化が最大の焦点となりました。 このテストの目的は、サービスプロバイダー指向の環境でプロトコルの相互運用性を確認することにあり、公開されたテスト結果は、プロバイダーが顧客に提案する先進的なブループリントシナリオとみなされます。


Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

Catalog









Diamond Sponsors 2016







Gold Sponsors 2016






Silver Sponsor 2016












Official Sponsor







media partners


2015 Sponsors


イベントカレンダー
通信/IT関連の国際会議