Javascript Menu by Deluxe-Menu.com

ViLTE Summit 2015 - ViLTEサミット、2015年 -
2015年12月16 - 17日
フランス、パリ CDG

LTEネットワークを利用した動画サービスの行方

現在LTEは、世界124ヶ国で360の通信事業者が導入しています。そのうちの80社は、VoLTEへの投資を行っており、14社はすでにVoLTEサービスを開始しています。

VoLTEといえば、多くの人が高品質の音声サービスを連想しますが、一定のサービス品質による動画サービスも含まれています。LTEネットワークは通信事業者が管理しているため、データ通信よりもリアルタイム通信を優先させたり、特定のサービスを提供するためリソースを確保したりすることができます。

通信事業者がViLTEサービスを顧客に提供しないのはなぜなのでしょうか。サービスが提供されるとしたらどのような場面、用途になるのでしょうか。サービスの付加価値は何なのでしょうか。ViLTEは、VoLTEで実現された技術を生かしたサービスなのでしょうか、それとも単なるOTTに類似のサービスなのでしょうか。また、サービスプロバイダー間の相互接続の問題やビデオコーデックの種類はどうなるのでしょうか。

2015年12月16日と17日にパリのRoissy CDGで開催されるViLTE Summitでは、サービスプロバイダーや機器メーカーのケーススタディを通じて、これらの問題に対する答えを見つけ出すことができます。


ViLTEとWetRTC:利点と制約

12月16日から17日まで開催されるViLTE Summitは、WebRTCのエコシステムに加わっている組織を対象とした欧州最大規模のイベントである第4回WebRTC Conference Parisと同時併催されます。

今年の会議では、ViLTEとWebRTCを同じサービスのなかで共存させる方法やマルチデバイスソリューション、iPhoneなど各種デバイスでの統合といったテーマでサービスプロバイダーや開発会社の代表、アナリストなどが講演を行います。


eMBMSワークショップ

LTE上で共通のマルチメディアコンテンツを提供するための効率的かつ低コストのソリューションを実現するため開発されたeMBMSについてのワークショップが行われます。

このワークショップでは、eMBMS技術講座などのセッションが予定されており、各種の用途や実際の利用事例 (投資対効果の検討、競争、タイミング) 、技術面の主な課題 (Wi-Fiネットワーク上でのeMBMSなど) をめぐって議論が展開されます。

2015年12月16日と17日にパリで開催されるViLTE Summitは、ViLTEに関するさまざまな知識を吸収することができる貴重な機会となります。

Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

Catalog









イベントカレンダー
通信/IT関連の国際会議