Telecoms World Asiaについて

 

 

 

今後10年間の展望を踏まえアジア地域における通信事業者のニーズに対応していくために

 

本格的なデジタル経済への移行が始まったことで世界は大きく様変わりしつつあり、通信業界もその渦中にあります。スマートシティの登場と都市化の進展に伴い、通信インフラストラクチャと通信事業に対するニーズがこれまで以上に高まると予想される一方、高速かつ高効率で遅延の少ないネットワークを実現する5G技術の開発も進んでいます。またモノのインターネット (IoT) の普及拡大により、ネットワーク接続可能な機器のビジネスチャンスも広がると見られています。

しかし、デジタル経済のなかで業績を拡大していくためには、新たな技術や新たな収益源、新たな課題に対処し、真のデジタル企業へと脱皮する必要があります。また、IoTの普及に伴うサイバーセキュリティの課題や、ビジネス環境を一変させ、新たなサードパーティサービスのビジネスチャンス生み出す可能性のあるブロックチェーン技術への対応も求められます。さらに、高度化する顧客からの要求にも応えなければなりません。常時ネットワークに接続可能で、技術にも精通した顧客が増えるなか、企業の側も、このような消費者を満足させるコンテンツを作成し、提供する必要に迫られているのです。

 

 

今後通信分野のデジタル化が進むことで、2兆ドル規模の市場が生まれるとの期待も高まるなか、Telecoms World Asia 2018では、デジタル化を加速させるための方策などが議論されます。

今度の会議では、3つの主要なテーマを網羅するため、アジェンダが大幅に拡張されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットワーク

次世代接続技術のための計画立案、導入、最適化

TELCO 4.0

技術革新、提携関係、新たなビジネスモデル

 

 

 

 

 

 

 

ホールセール

容量、コンテンツ、協力関係

 

アジア地域のみならず世界各地から600人を超える参加者と120人の講演者が集結し、およそ40のスポンサーが支えるこの会議をどうぞお見逃しなく。

 

通信事業者は、新たな技術と既存のインフラストラクチャを活用することで、大容量のデータ通信サービスを求める顧客に対応し、新たな成長のチャンスを確保しようとしています。この会議は、新たなアイデアについて議論し、提携関係を構築し、将来への備えを固めることができる貴重な機会となります。

皆様のご参加をお待ちしています。