Defence, Security, Energy, Utilities, Finance, Pharmaceuticals

UAS : Unmanned Aerial Systems

2015年11月19 - 20日 英国、ロンドン


 
Unmanned Aerial Systems 2015 - 無人航空機システム会議 2015年 -
2015年11月19 - 20日
英国、ロンドン、ホリデイ イン ケンジントン フォーラム

概要

近年、商業部門と軍事部門の両方で無人航空機システム (UAS) や無人航空機 (UAV) の導入が急速に進んでいます。先進的な技術が新たに開発されたことで、精度と自律性の向上や用途の拡大が可能になっていますが、運用面の要求に対応する必要性が高まるなか、これらのシステムに対する軍の支援能力を疑問視する声も広がっています。とりわけ議論の的になっているのが、UAVを活用するうえで不十分な技能をなくすために軍が行っている取り組み、UAVの訓練や利用が可能な各国および国際的な空域の拡大、UAVの持続的な発展を可能にする体制の整備といった問題です。

世界各国の軍は、これまでのところ有人機重視の姿勢を崩していませんが、将来的にはUAVの増加に伴う大きな変化を受け入れる時が来るかもしれません。

SMi主催の第15回Unmanned Aerial Systemsは、軍関係のUASとUAVの領域で最も重要な分野やニッチ分野における動向の解明を目的とした会議であり、業界関係者がUAVを導入する際の法的、物理的、技術的な課題などをめぐって意見を交換し、商業部門での進歩と軍事作戦への応用の可能性について検討するためのプラットフォームとなります。

 

2014年の会議に参加された方々の声

2014年の出席者 -- 「極めて興味深くタイムリーなトピックにスポットライトを当てる会議であり、運営も優れています」
2014年の出席者 -- 「豊富な知識を有する優れた講演者から今話題を集めているさまざまな問題についての講演を聞くことができました」

参加をお勧めする理由

以下のようなトピックをめぐって活発な議論が展開されます。

• 各国および国際的な保護空域でのUAV受け入れ状況の検証
• UASの調達に関する予測、技術面の進歩、新たな用途の考察
• 商業分野における技術開発の影響および軍事部門に対するその影響についての批判的な分析
• サイズの重要性と、小型およびナノサイズのUAVが訓練や運用に及ぼす影響の評価
• 軍と法執行機関における情報・監視・偵察 (ISR) および監視用途でのUAS利用に関する倫理的、法的な懸案事項
• UASの攻撃に対抗する手段と自律性強化に向けた取り組みの検討
• 最新のケーススタディとこれまでに得られた教訓
 

主な講演者

Colonel Birger Mejlholm
Colonel Birger Mejlholm
Commander, Danish Army Intelligence Centre
Danish Army


Colonel Enrique Martinez
Colonel Enrique Martinez
Chief of the Acquisition Programs Section
Spanish Air Force


Denis Koehl
Denis Koehl
Senior Advisor to the Executive Director
SESAR Joint Undertaking


Intendant Carlos Henrique Madureira Ribeiro
Intendant Carlos Henrique Madureira Ribeiro
Head of Operations, Police Special Unit
Portugese Police Force


Jean-Youri Marty
Jean-Youri Marty
Deputy Director, Capability, Armament & Technology Directorate
European Defence Agency


Squadron Leader (ret'd) Keven  Gambold
Squadron Leader (ret'd) Keven Gambold
CEO
Unmanned Experts


Squadron Leader Nichola  Rennet
Squadron Leader Nichola Rennet
Squadron Leader, Military Aviation Authority
UK MOD


参加をお勧めする方々

さまざまな任務や構想に関わっている軍および民間の組織の最高経営責任者、最高業務責任者、取締役、バイスプレジデント、ディレクター、パートナー、責任者やマネジャーなど

  • 情報・監視・偵察 (ISR)
  • 情報・監視・目標捕捉・偵察 (ISTAR)
  • NATO
  • 指揮・統制・通信・コンピューター
  • 航空機を利用した通信ネットワーク
  • グローバル情報グリッド (GIG)
  • 空中警戒待機 (CAP)
  • 長時間飛行多用途情報収集機材 (LEMV)
  • NAVAIR
  • 運用システムの開発
  • DCGS
  • 遠隔操縦航空機システム (RPAS)
  • Alliance Ground Surveillance

 

前回の会議に代表を派遣した組織

Airbus Defence & Space; Airbus Defence and space; American Surveillance Co., Inc.; Aviation Week ; B C B International Ltd; British Airline Pilots Association; Canadian Army; Capability Directorate Combat Support; DISE Cranfield University; DSTL; Egyptian Defence Office; Embassy of the Republic of Turkey; Embassy of Ukraine; European Air Group; Eurousc; EXELIS Geospatial Systems; Faculty Of Sciences; Frost & Sullivan; German Embassy; Halldale Group; Intel; Italian Air Force Staff; Johns Hopkins University; Loughborough University; Marine Scotland Compliance; MBDA; MBDA UK Ltd.; Ministry Of Defence; Ministry of Defence, UK; MOD; NASA Armstrong (Dryden) Flight Research Center; National Transport Authority; Potomac Institute for Policy Studies’ Center for Emerging Threats and Opportunities ; QinetiQ; RAF High Wycombe; Resource UAS; Salazar Insurance Group; SNCF Equipe Drones; SNCF French Railways; SNFC ; Strat Aero International Ltd; Taylor Vinters; Thales UK; TRILOGY COMMUNICATIONS LIMITED; UK MoD; Uk Trade & Investment (U K T I); UKTI DSO; University of Central Lancashire; University of Portsmouth; Unmanned Aerial Vehicle Systems Association; Verint Systems Ltd;