SELECTBIO Conferences Stem Cells for Drug Discovery and Tox Screening 2019
Stem Cells for Drug Discovery and Tox Screening 2019
-創薬・毒性スクリーニング対応幹細胞学会:2019年-
開催日:2019年10月14-15日
開催地:米国カリフォルニア州コロナド、Coronado Island Marriott Resort & Spa

基調講演者

Gary Gintant

Gary Gintant
Senior Research Fellow, Abbvie

概要

SelectBIO主催のStem Cells in Drug Discovery and Toxicity Screening 2019では、細胞レベルの解析に関連する新たな技術の開発や応用に取り組んでいる研究者が世界各地から集まります。

同時併催となる下記の学会では、興味のある研究発表を選んで参加しながら、多様な分野の研究者と人脈を構築することができます。

同時併催される学会:
  • Organ-on-a-Chip World Congress 2019
  • Stem Cells in Drug Discovery and Toxicity Screening 2019
  • 3D-Culture & Organoids 2019
  • 3D-Printing in the Life Sciences 2019
  • The Space Summit 2019
会期中は、iPS細胞株を利用して効能と毒性のスクリーニングなどを行っている研究者、スクリーニングの手法や技術の開発を統括する研究者などの発表を聞きながら、新たな人脈を構築することができます。また、創薬分野における今後の幹細胞利用に多大な影響を及ぼす可能性のある関連業界や規制の動向についても議論されます。

この学会には、この分野の主要なオピニオンリーダーが世界各地から集まる見通しであり、多くの研究者と情報を交換しながら、人脈を構築することができます。

さらに、この分野に携わっている企業がそれぞれの技術や製品を披露する展示会も予定されています。

ポスター発表の募集

学会に出席しながら、ポスター発表を行って研究成果を披露することができます。希望される方は、所定の期限までに要旨を提出し、審査を受けてください。

ポスター発表の要旨提出期限:2019年9月27日

アジェンダに盛り込まれる主なトピック

  • 3次元細胞培養ベースのモデルとスクリーニングのためのオルガノイド
  • 毒性試験とスクリーニングに対応するiPS細胞由来の細胞
  • スクリーニング技術、器具、試薬
  • 創薬と開発での幹細胞
  • 毒性スクリーニングを目的としたマイクロ流体生体機能チップの利用

スポンサーと出展者の募集

出展やスポンサーについての詳細は、 (株) グローバルインフォメーションまでお問い合わせください。

現時点で確定している講演者

Robert Halliwell, Professor of Neuroscience and Clinical Pharmacology, University of The Pacific


Corporate Sponsors Media Sponsors Official Journal Partner Networking
Drug Discovery WoMetaTagsrld U-Networks
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English


更新通知サービス

メール配信サービス
製薬・バイオ
関連の会議一覧