SELECTBIO Conferences Microfluidics & Organ-on-a-Chip Asia 2019
Microfluidics & Organ-on-a-Chip Asia 2019
-マイクロフルイディクス・生体機能チップ学会アジア大会:2019年-
開催日:2019年11月14-15日
開催地:千葉県成田市、ホテル日航成田

学会の議長

Keisuke Goda

Keisuke Goda
Professor of Physical Chemistry, University of Tokyo

基調講演者

Martyn Boutelle

Martyn Boutelle
Professor of Biomedical Sensors Engineering, Vice Chair Department of Bioengineering, Imperial College London

Dan Huh

Dan Huh
Assistant Professor and Wilf Family Term Endowed Chair, University of Pennsylvania

An-Bang Wang

An-Bang Wang
Professor, Institute of Applied Mechanics, National Taiwan University

Dino Di Carlo

Dino Di Carlo
Professor and Vice Chair of Bioengineering, University of California-Los Angeles

概要

2日間にわたって行われるSelectBIO主催Microfluidics & Organ-on-a-Chip Asia 2019では、研究や技術に関する多彩なプログラムが展開されるほか、アジアを中心とした世界各国の企業による展示会も予定されており、研究機関や企業に所属する研究者が多数集まる見通しです。

この学会の目的は、拡大と進化を続けるマイクロフルイディクス、ラボオンチップ、生体機能チップの分野における最新の技術やテーマを探求することにあります。

会期中は、研究発表、技術面に重点を置いたスポンサー提供のプレゼンテーション、パネルディスカッション、ワークショップなどが予定されており、研究者や企業幹部がこの分野における最新の研究成果や商業面の動向などを明らかにします。

また展示会も併催されることになっており、人脈を拡大して、協力関係の構築、営業活動、事業開発、提携のための足がかりを築くことができます。

日本は、この学会の開催地にふさわしい条件を備えており、国内のみならず、アジア太平洋地域、米国、欧州などから多くの研究者が集まります。また東京を中心とした地域は、研究者や企業の世界的なコミュニティと緊密に結びついており、成田空港へは世界のさまざまな都市から直行便が乗り入れています。

学会の議長である合田圭介氏は、東京大学大学院理学系研究科の教授であり、内閣府と科学技術振興機構の革新的研究開発推進プログラム (ImPACT) のプログラムマネジャー、世界経済フォーラムのヤンググローバルリーダー、APL Photonics (AIP Publishing) のアソシエイトエディターとしても活躍しています。

ポスター発表の募集

学会に出席しながら、ポスター発表を行って研究成果を披露することができます。希望される方は、所定の期限までに要旨を提出し、審査を受けてください。

ポスター発表の要旨提出期限:2019年10月31日

アジェンダに盛り込まれる主なトピック

  • マイクロフルイディクス構造の3Dプリンティング
  • 創薬開発の分野における生体機能チップ技術の開発
  • マイクロフルイディクスとラボオンチップの技術と応用分野
  • マイクロフルイディクスと微細加工の手法
  • 生体機能チップの技術開発
  • マイクロフルイディクスを利用した生体機能チップ/ボディオンチップの構成

スポンサーと出展者の募集

詳細は、 (株) グローバルインフォメーションまでお問い合わせください。

現時点で確定している講演者

Ye Ai, Assistant Professor, Singapore University of Technology and Design
Stephen Evans, Professor, University of Leeds
Takashi Funatsu, Professor, University of Tokyo
Hao He, Professor, Shanghai Jiao Tong University
Kotaro Hiramatsu, Assistant Professor, The University of Tokyo
Han Wei Hou, Assistant Professor, School of Mechanical and Aerospace Engineering, Nanyang Technological University
Yanyi Huang, Professor, Peking University
Seiichi Ishida, Section Chief, Division of Pharmacology, National Institute of Health Sciences
Akihiro Isozaki, Researcher of Kanagawa Institute of Industrial Science and Technology (KISTEC) and Research Assistant Professor, University of Tokyo
Ken-ichiro Kamei, Associate Professor, Institute for Integrated Cell-Material Sciences (WPI-iCeMS), Kyoto University
Ryuji Kawano, Associate Professor, Tokyo University of Agriculture and Technology
Hiroshi Kimura, Associate Professor, Dept of Mechanical Engineering, Tokai University
Masahiro Motosuke, Associate Professor, Department of Mechanical Engineering, Tokyo University of Science
Jianhua Qin, Professor, Dalian Institute of Chemical Physics, Chinese Academy of Sciences
Tatsuya Shimizu, Director and Professor, Institute of Advanced Biomedical Engineering and Science, Tokyo Women's Medical University
Ryo Sudo, Associate Professor, Keio University
Shiyang Tang, Vice-Chancellor's Postdoctoral Research Fellow, School of Mechanical, Materials, Mechatronic and Biomedical Engineering, University of Wollongong
Manabu Tokeshi, Professor, Hokkaido University
Yu-suke Torisawa, Associate Professor, Hakubi Center for Advanced Research, Kyoto University
Kevin Tsia, Associate Professor, Department of Electrical & Electronic Engineering, The University of Hong Kong
Ryuji Yokokawa, Associate Professor, Department of Micro Engineering, Kyoto University
Y. Shrike Zhang, Assistant Professor of Medicine and Associate Bioenginering, Harvard Medical School, Associate Bioengineer, Division of Engineering in Medicine, Brigham and Women's Hospital


Exhibition Sponsors Media Sponsors Official Journal Partner Networking
Drug Discovery WoMetaTagsrld U-Networks
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English


更新通知サービス

メール配信サービス
製薬・バイオ
関連の会議一覧