SELECTBIO Conferences Circulating Biomarkers, Exosomes & Liquid Biopsy Europe 2019
Circulating Biomarkers, Exosomes & Liquid Biopsy Europe 2019
-血中バイオマーカー・エクソソーム・リキッドバイオプシー学会欧州大会:2019年-
開催日:2019年10月30日-11月1日
開催地:オランダ、ロッテルダム、Rotterdam Marriott

学会の議長

Dominique PV de Kleijn

Dominique PV de Kleijn
Professor, University Medical Center Utrecht

基調講演者

Paul Robbins

Paul Robbins
Professor, Department of Biochemistry, Molecular Biology, and Biophysics, and the Institute on the Biology of Aging and Metabolism, University of Minnesota Medical School

Klaus Pantel

Klaus Pantel
Director, University Of Hamburg

Graham Pockley

Graham Pockley
Director and Professor, John van Geest Cancer Research Centre, Nottingham Trent University, CEO, multimmune GmbH

Patrizia Paterlini-Brechot

Patrizia Paterlini-Brechot
Professor of Oncology/Molecular Biology, University Paris Descartes

Takahiro Ochiya

Takahiro Ochiya
Chief, National Cancer Center Research Institute Japan

Leon Terstappen

Leon Terstappen
Chair Medical CellBiophysics, MIRA Research Institute for Biomedical Technology and Technical Medicine, University of Twente

Catherine Alix-Panabieres

Catherine Alix-Panabieres
Director of the Laboratory of Rare Human Circulating Tumor Cells, University Medical Centre of Montpellier

概要

SELECTBIO主催のExosomes and Liquid Biopsy Europe 2019がオランダのロッテルダムで開催されます。

8年にわたって毎年開催されているこの学会には、研究者や業界関係者が世界各地から集まり、エクソソームなど各種細胞外小胞 (EV) の積み荷 (内容物) を利用した研究、バイオマーカー分析、治療法開発などのトピックを中心に議論を展開します。

この学会の重要な要素は、生体液に含まれる血中循環セルフリーDNA (cfDNA) や血中循環腫瘍細胞 (CTC) などのバイオマーカーを利用したリキッドバイオプシーの開発に焦点を絞り込んでいるという点です。

エクソソームやリキッドバイオプシー分野の主要なオピニオンリーダーによる講演やパネルディスカッション、グループ討論がこの学会の基盤となっており、この分野に関わっている企業やベンダーも最新の製品やサービスを出展します。

ロッテルダムは、インフラストラクチャが整備されているため、欧州各地から短時間で移動することが可能であり、アムステルダムスキポール空港を経由して世界の主要な都市ともつながっています。

ポスター発表の募集

学会に出席しながら、ポスター発表を行って研究成果を披露することができます。希望される方は、所定の期限までに要旨を提出し、審査を受けてください。

ポスター発表の要旨提出期限:2019年10月21日

アジェンダに盛り込まれる主なトピック

  • リキッドバイオプシー開発に役立つ血中循環セルフリーDNA (cfDNA)
    • 企業の紹介
    • 変異検出と分析のための技術
  • リキッドバイオプシー開発に役立つ血中循環腫瘍細胞 (CTC)
    • 企業の紹介
    • 技術面の最新トレンド
  • エクソソームや細胞外小胞 (EV) に含まれるバイオマーカーの可能性
    • タンパク質、DNA、脂質
    • RNAの積み荷
  • エクソソームやEVに関する研究のトレンド
  • 各種疾病でのエクソソームやEVの研究
    • がん
    • 心血管疾患
    • 中枢神経系疾患
  • エクソソームなどのEVの分離と特性評価
  • エクソソームなどのEVの修飾と改変
  • 治療法開発の可能性:エクソソーム/EVを利用した標的化

スポンサーと出展者の募集

出展やスポンサーについての詳細は、 (株) グローバルインフォメーションまでお問い合わせください。

現時点で確定している講演者

CJ Barnum, Director of Neuroscience, INmune Bio, Inc.
Alain Brisson, Professor Emeritus, University of Bordeaux
Sara Colombetti, Global Head Oncology Discovery Pharmacology, pharma Research and Early Development (pRED), Roche Innovation Center Zurich
Lorena Dieguez, Leader of the Medical Devices Research Group, INL- International Iberian Nanotechnology Laboratory
Francoise Farace, Head of Rare Circulating Cells Translational Laboratory, INSERM Gustave Roussy Institute
Jens Habermann, Scientific Director, Surgical Center for Translational Oncology, University of Lubeck and University Hospital Schleswig-Holstein
Mark Harmon, Field Applications Specialist, Oxford Nanoimaging (ONI)
An Hendrix, Professor, Ghent University
Felix Jansen, Leader of the Microvesicle Research Group, Department for Cardiology, Pulmology and Angiology, University Hospital Bonn
Lucia Languino, Professor of Cancer Biology, Thomas Jefferson University
Florent Mouliere, Assistant Professor, Cancer Center Amsterdam, VUMC Amsterdam
Irina Nazarenko, Exosome and Tumor Biology Group Leader, University of Freiburg
Christa Noehammer, Senior Scientist, Austrian Institute of Technology
Esther Nolte-'t Hoen, Assistant Professor, Department of Biochemistry & Cell Biology, Faculty of Veterinary Medicine, Utrecht University
Balaji Panchapakesan, Professor, Department of Mechanical Engineering, Worcester Polytechnic Institute (WPI)
Michiel Pegtel, Associate Professor, Cancer Center Amsterdam, VU University Medical Center
Michael Pfaffl, Professor, Technical University of Munich
Anders Stahlberg, Associate Professor, Sahlgrenska Cancer Center, University of Gothenburg
Nikolas Stoecklein, Professor, University of Dusseldorf
Valerie Taly, CNRS Research Director, Group leader Translational Research and Microfluidics, University Paris Descartes
RJ Tesi, CEO/CMO, Inmune Bio Inc
Jo Vandesompele, Professor, Ghent University and CSO, Biogazelle
Bas WM van Balkom, Assistant Professor, University Medical Center Utrecht
Yagmur Yildizhan, Researcher, Biosensors Group, KU Leuven


Corporate Sponsors Media Sponsors Official Journal Partner Networking
Drug Discovery WoMetaTagsrld U-Networks
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English


更新通知サービス
更新履歴
2019/06/14
講演者更新

メール配信サービス
製薬・バイオ
関連の会議一覧