SELECTBIO Conferences Lab-on-a-Chip & Microfluidics Europe 2019
Lab-on-a-Chip & Microfluidics Europe 2019
-ラボオンチップ・マイクロフルイディクス学会欧州大会:2019年-
開催日:2019年6月18-19日
開催地:オランダ、ロッテルダム、De Doelen Rotterdam

基調講演者

Tuomas Knowles

Tuomas Knowles
Professor of Physical Chemistry and Biophysics, Department of Chemistry & Cavendish Laboratory, University of Cambridge

Holger Schmidt

Holger Schmidt
Narinder Kapany Professor of Electrical Engineering, University of California-Santa Cruz

Oliver Schmidt

Oliver Schmidt
Professor & Director, Leibniz-Institut fur Festkorper- und Werkstoffforschung

Steve Soper

Steve Soper
Foundation Distinguished Professor, Director, Center of BioModular Multi-scale System for Precision Medicine, Adjunct Professor, Ulsan National Institute of Science & Technology, William H. Pryor Emeritus Chair of Chemistry, The University of Kansas

Amy  Shen

Amy Shen
Professor, Okinawa Institute of Science and Technology

Thomas Laurell

Thomas Laurell
Professor, Department of Biomedical Engineering, Lund University

Victor Ugaz

Victor Ugaz
Professor & Holder of the Charles D. Holland '53 Professorship, Artie McFerrin Department of Chemical Engineering, Texas A&M University

Elisabeth Verpoorte

Elisabeth Verpoorte
Professor of Analytical Chemistry and Pharmaceutical Analysis, University of Groningen

Carl Meinhart

Carl Meinhart
Professor, University of California-Santa Barbara

概要

今度で11年目を迎えるSELECTBIO主催のLab-on-a-Chip and Microfluidics Europe 2019には、ラボオンチップ (LOAC) とマイクロフルイディクス分野の技術や新機軸の開発に力を注いでいる研究者や製薬業界関係者が多数集まります。

今度の学会では、ラボオンチップとマイクロフルイディクス分野の最新動向に関する講演などが予定されており、生命科学分野の研究、各種の診断法をポイントオブケア/ポイントオブニードで活用するための取り組み、ボディオンチップ/生体機能チップなど、LOACのさまざまな応用技術が紹介されるほか、LOACデバイスの製造技術、製造のための新たな設計や技術、研究から診断までのLOACの重要な応用分野などのトピックにもスポットライトが当てられます。この学会には、例年欧州や米国、アジア太平洋などの地域から講演者やポスター発表者、スポンサー、出展者が参加しており、世界的な研究開発の動向を幅広い視野で概観することができる貴重な機会となっています。

学会と併催される展示会では、この分野で事業を展開している世界各国の主要なソリューションプロバイダーが、技術面の新たな進歩、関連する製品やサービスなどを披露します。

この学会に参加登録された方は、同時併催される学会のすべての分科会に参加することが可能であり、興味のある研究発表を選んで参加しながら、人脈構築のチャンスを最大限生かすことができます。
  • Lab-on-a-Chip and Microfluidics Europe 2019
  • Organ-on-a-Chip and Tissue-on-a-Chip Europe 2019
  • Point-of-Care, Wearables & Mobile Diagnostics 2019
会期中は、さまざまな機会を捉えて人脈を拡大することが可能であり、学会に参加するために必要な費用に見合う成果を得ることができます。

学会と併催される展示会は、De Doelen Conference Centerを会場に展開され、協力関係の構築、ベンダー各社による営業、事業開発、提携交渉などを含めた人脈拡大のチャンスとなります。展示会は、2019年6月18日と19日に行われます。会場のあるオランダのロッテルダムは、欧州のみならず世界各地を結ぶ交通網が整備されています。

ポスター発表の募集

学会に出席しながら、ポスター発表を行って研究成果を披露することができます。希望される方は、所定の期限までに要旨を提出し、審査を受けてください。

ポスター発表の要旨提出期限:2019年5月31日

アジェンダに盛り込まれる主なトピック

  • マイクロフルイディクス技術を利用した3Dプリンティング、バイオファブリケーション、バイオプリンティング
  • デジタルマイクロフルイディクス、ドロップレットマイクロフルイディクス、遠心マイクロフルイディクス
  • リキッドバイオプシーの応用分野に対応するLOACとマイクロフルイディクス
  • LOACデバイスの製造、標準化、商業化
  • マイクロフルイディクス/LOACデバイスの製造:技術と企業の紹介
  • マイクロフルイディクスによる希少細胞の捕獲と循環バイオマーカーの分析
  • 単一細胞解析

スポンサーと出展者の募集

出展やスポンサーについての詳細は、 (株) グローバル インフォメーションまでお問い合わせください。

現時点で確定している講演者

Andries D. van der Meer, Tenure Track Assistant Professor, University of Twente
Dermot Diamond, Professor, Dublin City University
Govind V Kaigala, Research Staff Member, IBM Research Laboratory-Zurich
Noah Malmstadt, Associate Professor, Mork Family Dept. of Chem. Eng. & Mat. Sci., University of Southern California
Timothy Noel, Associate Professor, Eindhoven University of Technology
Richard Spero, CEO, Redbud Labs
Winnie Svendsen, Associate Professor, Technical University of Denmark
Bart Westendorp, Assistant Professor, Faculty of Veterinary Medicine, Utrecht University The Netherlands


Corporate Sponsors Media Sponsors Official Journal Partners Networking
Drug Discovery WoMetaTagsrld U-Networks
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English


更新通知サービス

メール配信サービス
製薬・バイオ
関連の会議一覧