SELECTBIO Conferences Liquid Biopsies 2019
Liquid Biopsies 2019
-リキッドバイオプシー学会:2019年-
開催日:2019年3月27-29日
開催地:米国カリフォルニア州コロナド、Coronado Island Marriott Resort & Spa

基調講演者

Lydia Sohn

Lydia Sohn
Professor, Department of Mechanical Engineering, University of California, Berkeley

Steve Soper

Steve Soper
Foundation Distinguished Professor, Director, Center of BioModular Multi-scale System for Precision Medicine, Adjunct Professor, Ulsan National Institute of Science & Technology, William H. Pryor Emeritus Chair of Chemistry, The University of Kansas

Cheng-Ho Jimmy Lin

Cheng-Ho Jimmy Lin
Chief Scientific Officer, Oncology, Natera

Sam Hanash

Sam Hanash
Director, McCombs Institute for Cancer Detection and Treatment, University of Texas MD Anderson Cancer Center

Erkki Ruoslahti

Erkki Ruoslahti
Distinguished Professor and Former President, Sanford Burnham Prebys Medical Discovery Institute

Sehyun Shin

Sehyun Shin
Professor & Director, Nano-Biofluignostic Engineering Research Center, Korea University and Anam/Guro Hospital of Korea University

David Hoon

David Hoon
Professor, Director Department of Translational Molecular Medicine, John Wayne Cancer Institute

Filip Janku

Filip Janku
Associate Professor, Center Medical Director, Clinical and Translational Research Center, The University of Texas MD Anderson Cancer Center

John Palma

John Palma
Chief Medical Officer, Roche Sequencing Solutions

Jennifer Jones

Jennifer Jones
Staff Clinician, Molecular Immunogenetics & Vaccine Research Section, National Cancer Institute (NCI)

Hatim Husain

Hatim Husain
Assistant Professor of Medicine, University of California San Diego

Balaji Panchapakesan

Balaji Panchapakesan
Professor, Department of Mechanical Engineering, Worcester Polytechnic Institute (WPI)

概要

SELECTBIO主催のLiquid Biopsies 2019は、血中循環腫瘍DNA (ctDNA) や血中循環腫瘍細胞 (CTC) などの生体液ベースの分子バイオマーカー、およびタンパク質ベースの血中バイオマーカーに焦点を絞り込んだ学会です。今度の学会では、生体液ベースのバイオプシー (血漿や尿などの生体液を使用) を開発するうえでのctDNAの可能性、および分科会でこの領域の最新情報や現状などについて報告を行う研究者に注目が集まっています。

また今度の学会では、早期疾病スクリーニングや患者モニタリング、微小残存病変の検出などに対応する新たな診断法を開発するうえで、血中循環セルフリーCAN (cfDNA) 、CTC、細胞外小胞 (EV) などの低侵襲性血中バイオマーカークラスが有する可能性について考えるセッションも予定されています。

この学会は、Circulating Biomarkers 2019およびFlow Cytometry 2019と同時併催されることになっており、参加登録された方は、各学会のすべての研究発表に出席することができるほか、展示会や各種交流イベントの会場にも入ることができます。

ポスター発表の募集

学会に出席しながら、ポスター発表を行って研究成果を披露することができます。希望される方は、所定の期限までに要旨を提出し、審査を受けてください。

ポスター発表の要旨提出期限:2019年3月15日

アジェンダに盛り込まれる主なトピック

  • 血中循環腫瘍細胞 (CTC) :リキッドバイオプシー開発での可能性
  • 血中循環腫瘍DNA (ctDNA) :リキッドバイオプシー開発での可能性
    • 最新の技術と新たな企業の紹介
    • 照合のための技術プラットフォーム
  • 循環血液中の細胞外核酸:血中循環セルフリーDNA、細胞外RNA、血中循環マイクロRNA/長鎖ノンコーディングRNA
  • 診断法開発のためのマイクロフルイディクスプラットフォーム
  • 米国、EUおよびアジア太平洋地域の国々におけるリキッドバイオプシーに関する規制の現状

スポンサーと出展者の募集

詳細は (株) グローバルインフォメーションまでお問い合わせください。

現時点で確定している講演者

Brian Dougherty, Executive Director, Translational Genomics, Oncology IMED, AstraZeneca R&D
Taylor Jensen, Director, Research and Development, Sequenom (a LabCorp Company)
Lauren Leiman, Executive Director, Blood Profiling Atlas in Cancer (BloodPAC)
Jean-Francois Martini, Sr. Director, Translational Oncology, Immuno-Oncology, Early Development, Pfizer
Rachel Tam, Senior Scientific Researcher, Oncology Biomarker Development, Genentech
Victor Ugaz, Professor & Holder of the Charles D. Holland '53 Professorship, Artie McFerrin Department of Chemical Engineering, Texas A&M University
Kang Zhang, Founding Director, Institute for Genomic Medicine, University of California-San Diego
Jasmine Zhou, Professor, University of California-Los Angeles
Yazhen Zhu, Assistant Project Scientist, David Geffen School of Medicine at UCLA
Bernhard Zimmermann, Vice President of Research and Development, Natera


Corporate Sponsors Media Sponsors Official Journal Partner Networking
Drug Discovery WoMetaTagsrld U-Networks
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English


更新通知サービス

メール配信サービス
製薬・バイオ
関連の会議一覧