SELECTBIO Conferences Cell Therapy Asia 2018
Cell Therapy Asia 2018
-アジア細胞療法学会:2018年-
開催日:2018年12月6-7日
開催地:神戸市、神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ

学会の議長

Yuzo Toda

Yuzo Todai
President, FIRM (Forum for Innovative Regenerative Medicine, Japan)

Norio Nakatsuji

Norio Nakatsujii
Chief Advisor, Stem Cell & Device Laboratory, Inc. (SCAD); Professor Emeritus, Kyoto University

基調講演者

Keisuke Goda

Keisuke Goda
Professor of Physical Chemistry, University of Tokyo, ImPACT Program Manager, Japan Science and Technology Agency

Kunihiko Suzuki

Kunihiko Suzuki
Vice Chairman & Member of the Board, Medinet Co. Ltd., Vice Chair, Forum for Innovative Regenerative Medicine (FIRM)

Michael Bennett

Michael Bennett
Director of Business Development, Cell and Gene Therapy Catapult

Yoshitsugu Shitaka

Yoshitsugu Shitaka
President, Astellas Institute for Regenerative Medicine

Masayo Takahashi

Masayo Takahashi
Professor, RIKEN Center for Biosystems Dynamics Research

Hiromitsu Nakauchi

Hiromitsu Nakauchi
Prof of Genetics, Institute of Stem Cell Biology and Regenerative Medicine, Stanford University School of Medicine Project Professor, The Institute of Medical Science, Division of Stem Cell Therapy, Distinguished Professor Unit, The University of Tokyo

Shoji Takeuchi

Shoji Takeuchi
Professor, Center For International Research on Integrative Biomedical Systems (CIBiS), Institute of Industrial Science, The University of Tokyo

Terry Riss

Terry Riss
Global Strategic Marketing Manager Cell Health, Promega Corporation

Hideyuki Okano

Hideyuki Okano
Professor, Department of Physiology, Keio University School of Medicine

概要

SELECTBIO主催のCell Therapy Asia 2018が、兵庫県神戸市で開催されます。

大学や製薬会社に所属する研究者など多くの出席者が集まるこの学会では、細胞療法のための幹細胞、iPS細胞と研究や創薬、細胞療法への展開、CAR-T細胞の研究や臨床応用を含むがん免疫療法の研究など、急速な拡大と進歩を続けるこの領域の多様な側面に光を当てるセッションが展開されます。

今度の学会では、細胞療法や再生医療分野のエコシステムを幅広く網羅するとともに、3次元培養、オルガノイド、マイクロ流体技術など、微小生理システムを構築するための技術にスポットライトを当てます。

会期中は、大学や企業の研究者による発表、最新の研究成果を紹介するポスター発表などに加え、展示会も開催されることになっており、欧州、米国、アジア太平洋、日本などから集まる出席者と関係を築くため主要ベンダー各社が出展します。

生物医学分野の研究を支える強固なインフラストラクチャを有する神戸市は、この学会の開催地にふさわしい都市といえます。

Cell Therapy Asia 2018では、若手研究者を対象としたポスター発表の募集を含む準備作業で、京都大学教授の中辻憲夫氏に指導的な役割を担っていただく予定です。今度の学会では、研究者で構成される審査チームが、提出されたポスター発表の要旨のなかから特に優れたものを選び、口頭での発表をお願いすることになっています。

ポスター発表の募集

学会に出席しながら、ポスター発表を行って研究成果を披露することができます。希望される方は、所定の期限までに要旨を提出し、審査を受けてください。

ポスター発表の要旨提出期限:2018年11月30日

アジェンダに盛り込まれる主なトピック

  • 3次元培養とオルガノイド
  • 細胞療法の臨床試験と商業化
  • 細胞療法のための臍帯血および臍帯血由来の幹細胞
  • 最新技術と新興企業の紹介
  • がん免疫療法
    • がん治療のためのCAR-T細胞
  • 毒性試験、スクリーニング、細胞療法に対応するiPS細胞由来の細胞
  • 間葉系幹細胞 (MSC) :細胞療法での可能性
  • 生体外微小生理システム構築のためのマイクロ流体プラットフォーム
  • 細胞療法に関連する薬事規制の状況
  • 再生能を有する幹細胞由来のエクソソーム
  • 細胞療法のための幹細胞
  • 再生医療

スポンサーと出展者の募集

出展やスポンサーについての詳細は、 (株) グローバル インフォメーションまでお問い合わせください。

現時点で確定している講演者

Shizuka Akieda, Chief Executive Officer, Cyfuse Biomedical K.K.
Toshihiko Ezashi, Research Associate Professor, The University of Missouri
Tatsuo Heki, Senior Expert, Regenerative Medicine Division, Fujifilm Corporation
Shin-Il Kim, Director, Division of Research & Development, aceRNA Technologies Co., Ltd.
Thasaneeya Kuboki, Assistant Professor, Laboratory of Biomedical and Biophysical Chemistry, Institute for Materials Chemistry and Engineering, Kyushu University
Kennedy Okeyo, Senior Lecturer, Institute for Frontier Life and Medical Sciences, Kyoto University
Hirofumi Suemori, Associate Professor, Laboratory of Embryonic Stem Cell Research, Institute for Frontier Life and Medical Sciences, Kyoto University
Masatoshi Suzuki, Associate Professor, Department of Comparative Biosciences and Stem Cell & Regenerative Medicine Center, University of Wisconsin-Madison
William G Whitford, Strategic Solutions Leader Bioprocess, GE Healthcare Life Sciences


Exhibition Sponsors Media Sponsors Official Journal Partner Networking
Drug Discovery WoMetaTagsrld U-Networks
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English


更新通知サービス

メール配信サービス
製薬・バイオ
関連の会議一覧