SELECTBIO Conferences Asia Diagnostics Summit 2018
Asia Diagnostics Summit 2018
-アジア診断法サミット:2018年-
開催日:2018年11月5-6日
開催地:台湾、台北、Amba Taipei Songshan Hotel

基調講演者

Dominique PV de Kleijn

Dominique PV de Kleijn
Professor Experimental Vascular Surgery, Professor Netherlands Heart Institute, University Medical Center Utrecht, The Netherlands

Takahiro Ochiya

Takahiro Ochiya
Chief, National Cancer Center Research Institute Japan

Max Ma

Max Ma
Director, Medical Affairs, Roche Sequencing Solutions, Inc.

John Brennan

John Brennan
Professor and Director, Biointerfaces Institute, McMaster University

Hsian-Rong Tseng

Hsian-Rong Tseng
Professor, Crump Institute for Molecular Imaging, California NanoSystems Institute, University of California-Los Angeles

Balaji Panchapakesan

Balaji Panchapakesan
Associate Professor, Department of Mechanical Engineering, Worcester Polytechnic Institute (WPI)

概要

Select Biosciences主催のDiagnostics Summit Asia 2018では、アジア太平洋、米国、欧州など世界各地から研究者が集まり、さまざまな診断領域における最新のトピックや論点、技術、応用分野を中心に議論を展開します。

今回焦点となるトピックは、ポイントオブケア診断、世界的規模での展開を視野に入れた迅速かつ低コストの診断法、がんに対応するリキッドバイオプシー、診断分野における各種の妥当な検体のクラスに対応するイムノアッセイの開発などです。

会期中は、招待した研究者の講演、関連企業各社の技術にスポットライトを当てたプレゼンテーション、最新の技術を紹介するポスターセッションのほか、展示会も予定されており、急速に進化を遂げつつあるこの分野で注目を集める製品やサービスが展示されます。

ポスター発表の募集

学会に出席しながら、ポスター発表を行って研究成果を披露することができます。希望される方は、所定の期限までに要旨を提出し、審査を受けてください。

ポスター発表の要旨提出期限:2018年10月31日

アジェンダに盛り込まれる主なトピック

  • 循環セルフリーDNA (cfDNA) と循環腫瘍細胞 (CTC) :がん診断のための血中循環バイオマーカー
  • がんの早期発見
  • 循環血液中の細胞外核酸:循環フリーDNA、細胞外RNA、循環マイクロRNA/長鎖ノンコーディングRNA
  • 世界的規模での保健とエボラ出血熱やジカ熱などの新たなウイルス性疾患
  • がんや腫瘍に対応するリキッドバイオプシー
  • 心血管疾患に対応するリキッドバイオプシー
  • 世界的規模での展開を可能にする低コストのポイントオブケア診断機器
  • 感染性疾患検査の分野におけるポイントオブケア診断

スポンサーと出展者の募集

出展やスポンサーについての詳細は、 (株) グローバル インフォメーションまでお問い合わせください。


Corporate Sponsors Media Sponsors Official Journal Partner Networking
Drug Discovery WoMetaTagsrld U-Networks
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English


更新通知サービス

メール配信サービス
製薬・バイオ
関連の会議一覧