SELECTBIO Conferences Organ-on-a-Chip, Tissue-on-a-Chip Europe 2018
Organ-on-a-Chip, Tissue-on-a-Chip Europe 2018
-生体機能チップ・生体組織チップ学会欧州大会:2018年-
開催日:2018年6月5-6日
開催地:オランダ、ロッテルダム、De Doelen Rotterdam

基調講演者

Adrian Roth

Adrian Roth
Section Head, F Hoffmann La Roche AG

Noo Li Jeon

Noo Li Jeon
Professor, Seoul National University

Roger Kamm

Roger Kamm
Cecil and Ida Green Distinguished Professor of Biological and Mechanical Engineering, Massachusetts Institute of Technology (MIT)

George Truskey

George Truskey
R. Eugene and Susie E. Goodson Professor of Biomedical Engineering, Duke University

James Hickman

James Hickman
Professor, University of Central Florida

Tommy Andersson

Tommy Andersson
Cardiovascular and Metabolic Diseases, Innovative Medicines and Early Development Biotech Unit, AstraZeneca R&D Mlndal

Elisabeth Verpoorte

Elisabeth Verpoorte
Professor of Analytical Chemistry and Pharmaceutical Analysis, University of Groningen

Andries D. van der Meer

Andries D. van der Meer
Tenure Track Assistant Professor, University of Twente

Olivier Guenat

Olivier Guenat
Head, Organs-on-Chip Technologies, ARTORG Center for Biomedical Engineering Research, University of Bern-Switzerland

Danilo Tagle

Danilo Tagle
Associate Director For Special Initiatives, National Center for Advancing Translational Sciences at the NIH (NCATS)

概要

Select Biosciences主催のOrgan-on-a-Chip & Tissue-on-a-Chip Europe 2018は、マイクロフルイディクス技術やラボオンチップ技術を利用し、機能的に意味のある形で細胞構造を構成する手法である生体機能チップや生体組織チップの重要かつ成長著しい領域に焦点を絞り込んだ学会です。培養された細胞で構成されるこれらのチップは、機能的に意味のある形で生体内の臓器構造を模倣することができます。

例えば、マイクロフルイディクス技術を利用し、オンボードチップに構成された生理学的に適切な構造の肝細胞は、毒性スクリーニングに利用することが可能であり、このように、生体外で組織の断片を構成する技術が実用化されれば、ディッシュやチップ上で生物学的プロセス (生理学的プロセスと病理学的プロセスの両方) を再現するための優れた手段を手にすることができます。すでに、肺機能チップ、脳チップ、消化器系チップ、骨髄チップ、骨チップ、神経系チップなど多くのチップが開発されており、今度の学会でもこれらのチップに関する研究発表が行われるほか、各種の疾病やがん、免疫系をチップ上で再現する技術の研究にスポットライトを当てるセッションも予定されています。

この学会のトピックは、マイクロフルイディクス技術やラボオンチップ技術と重なり合う部分が多く、同時併催されるLab-on-a-Chip and Microfluidics Europe 2018やPoint-of-Care Diagnostics Europe 2018との組み合わせにより、関連する領域を余すところなく網羅することができます。

これら3つの学会は同時併催されるため、出席者は興味のある研究発表を選んで参加しながら、さまざまな分野の研究者と交流を深めることができます。また会期中には展示会も予定されており、各学会の出席者は自由に入場することができます。

世界各地から主要なオピニオンリーダーが集結するこの学会では、さまざまな機会を利用して情報を交換したり、人脈を構築したりすることができます。

オランダのロッテルダムで開催されるこの学会をどうぞお見逃しなく。

ポスター発表の募集

学会に出席しながら、ポスター発表を行って研究成果を披露することができます。希望される方は、所定の期限までに要旨を提出し、審査を受けてください。

ポスター発表の要旨提出期限:2018年5月28日

アジェンダに盛り込まれる主なトピック

  • マイクロ流体構造および生物学的活性を有する構造の3Dプリンティング
  • 心血管疾患研究のための動脈チップ
  • 骨チップ
  • 脳/神経系チップ
  • 消化器系チップ
  • 血液系チップ、血小板チップ
  • 毒性スクリーニングと毒物学研究のための肝機能チップ
  • 肺機能チップ
  • 生体機能チップ/生体組織チップ/人体モデルチップの開発を可能にするマイクロフルイディクス/ラボオンチップ (LOAC) 技術
  • 疾病を再現するチップのモデリング:がん、免疫系、血栓症を再現するチップ
  • 創薬への生体機能チップの応用

現時点で確定している講演者

Murat Cirit, Director at Translational Center of Tissue Chip Technologies, Massachusetts Institute of Technology (MIT)
Rhiannon David, Senior Scientist, AstraZeneca
Anna Herland, Assistant Professor, Department of Physiology and Pharmacology, Karolinska Institute
Marcel Karperien, Professor, University of Twente
Steven Kushner, Professor and Chair of Neurobiological Psychiatry, Erasmus University Medical Center
Peter Loskill, Attract Group Manager Organ-on-a-Chip, Fraunhofer Institute for Interfacial Engineering and Biotechnology IGB
Michael Moore, Associate Professor of Biomedical Engineering; Co-founder and CSO, AxoSim Technologies, Tulane University
Maria Tenje, Senior Lecturer, Uppsala University


Corporate Sponsors Media Sponsors Official Journal Partner Networking
Drug Discovery WoMetaTagsrld U-Networks
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English





メール配信サービス