SELECTBIO Conferences Point-of-Care Diagnostics Europe 2018
Point-of-Care Diagnostics Europe 2018
-ポイントオブケア診断学会欧州大会:2018年-
開催日:2018年6月5-6日
開催地:オランダ、ロッテルダム、De Doelen Rotterdam

基調講演者

Amy  Shen

Amy Shen
Professor, Okinawa Institute of Science and Technology

Arben Merkoci

Arben Merkoci
ICREA Research Professor And Group Leader, Catalan Institute of Nanoscience And Nanotechnology

Roger Kamm

Roger Kamm
Cecil and Ida Green Distinguished Professor of Biological and Mechanical Engineering, Massachusetts Institute of Technology (MIT)

Jong Wook Hong

Jong Wook Hong
Professor of Bionano Technology and Bionano Engineering, Hanyang University

Steve Soper

Steve Soper
Foundation Distinguished Professor, Director, Center of BioModular Multi-scale System for Precision Medicine, The University of Kansas

Emmanuel Delamarche

Emmanuel Delamarche
Manager Precision Diagnostics, IBM Research - Zurich

John Brennan

John Brennan
Professor and Director, Biointerfaces Institute, McMaster University

Moran Bercovici

Moran Bercovici
Associate Professor, Faculty of Mechanical Engineering; Head, Technion Microfluidic Technologies Laboratory, Technion, Israel Institute of Technology

John McDevitt

John McDevitt
Chair, Department Biomaterials, New York University College of Dentistry Bioengineering Institute

Martyn Boutelle

Martyn Boutelle
Professor of Biomedical Sensors Engineering, Vice Chair Department of Bioengineering, Imperial College London

Gregory Timp

Gregory Timp
Keough-Hesburgh Professor of Electrical Engineering & Systems Biology, The University of Notre Dame

Eloisa Lopez-Calle

Eloisa Lopez-Calle
Research & Development Line Manager & Development Lead, Roche Diagnostics GmbH

概要

Select Biosciences主催のPoint-of-Care Diagnostics Europe 2018では、大学や企業などの主要なオピニオンリーダーが一堂に会し、拡大を続けるポイントオブケア診断と世界的な健康増進への活用に関連する幅広い領域をめぐって議論を展開します。会期中は、各分野の専門家による最新のデータを盛り込んだ研究発表を聞きながら、世界各地から集まる出席者と交流を深めることができます。

この学会は、新技術の開発から薬事規制機関による承認までの幅広い領域におけるポイントオブケア検査 (臨床現場即時検査、POCT) の現状を明らかにするものであり、各分野の専門家が臨床現場におけるPOCTについての見解を示します。生物学、化学、技術開発が相互に接する部分で活動している生命科学の研究者が集まるこの学会では、さまざまな問題とその対策について意見を交換しながら、協力関係を強化することが可能であり、世界的な健康の増進に向けた取り組みの中でPOCTが担う役割、世界各国における関連製品やサービスのビジネスチャンスなどについても理解を深めることができます。

今度の学会では、成長著しいこの分野で特に注目を集めているポイントオブケア検出、ポイントオブケア診断、ポイントオブケアベースの治療選択といったトピックが取り上げられます。近年POCTは、市場全体の80%を占めている感染性疾患の診断のみならず、がんや心血管疾患の診断まで応用範囲を拡大しつつあり、今度の学会でもこれらの分野にスポットライトが当てられます。

この学会に参加登録された方は、同時併催される学会のすべての分科会に参加することが可能です。
  • Lab-on-a-Chip and Microfluidics Europe 2018
  • Organ-on-a-Chip and Tissue-on-a-Chip Europe 2018
展示会は、学会と併催される予定であり、2018年6月5日と6日の両日開催されます。

ポスター発表の募集

学会に出席しながら、ポスター発表を行って研究成果を披露することができます。希望される方は、所定の期限までに要旨を提出し、審査を受けてください。

ポスター発表の要旨提出期限:2018年5月28日

アジェンダに盛り込まれる主なトピック

  • ポイントオブケア診断の各種用途分野に対するマイクロフルイディクス/ラボオンチップ技術の影響
  • 世界的な規模での導入を念頭に置いた低価格のポイントオブケア診断プラットフォーム
  • 世界的な健康の増進に貢献するポイントオブケア診断:世界規模での展望
  • 心血管疾患検査の分野におけるポイントオブケア診断
  • 感染性疾患検査の分野におけるポイントオブケア診断
  • ウェアラブルデバイスと移植可能なデバイス
  • POCTの導入に関する世界各国の規制の動向と障害

現時点で確定している講演者

Jane Brock, Assistant Professor, Harvard Medical School; Medical Director Surgical Pathology Grossing Room and Associate Pathologist, Brigham & Women's Hospital
Rosanne Guijt, Professor, Smart Sensing, Deakin University
Alf Mansson, Professor, Linnaeus University and Lund University Sweden
Jean-Manuel Segura, Professor, University of Applied Sciences and Arts Western Switzerland Valais
Collin Sones, Principal Research Fellow/ Associate Professor, University of Southampton


Corporate Sponsors Media Sponsors Official Journal Partner Networking
Drug Discovery WoMetaTagsrld U-Networks
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English


更新通知サービス



メール配信サービス