SELECTBIO Conferences Lab-on-a-Chip and Microfluidics Europe 2018
Lab-on-a-Chip and Microfluidics Europe 2018
-ラボオンチップ・マイクロフルイディクス学会欧州大会:2018年-
開催日:2018年6月5-6日
開催地:オランダ、ロッテルダム、De Doelen Rotterdam

基調講演者

Martyn Boutelle

Martyn Boutelle
Professor of Biomedical Sensors Engineering, Vice Chair Department of Bioengineering, Imperial College London

Roger Kamm

Roger Kamm
Cecil and Ida Green Distinguished Professor of Biological and Mechanical Engineering, Massachusetts Institute of Technology (MIT)

Joshua Edel

Joshua Edel
Professor, Imperial College London

Oliver Schmidt

Oliver Schmidt
Professor & Director, Leibniz-Institut fur Festkorper- und Werkstoffforschung

Amy  Shen

Amy Shen
Professor, Okinawa Institute of Science and Technology

Moran Bercovici

Moran Bercovici
Associate Professor, Faculty of Mechanical Engineering; Head, Technion Microfluidic Technologies Laboratory, Technion, Israel Institute of Technology

Thomas Laurell

Thomas Laurell
Professor, Lund University

Ian Papautsky

Ian Papautsky
Richard and Loan Hill Professor of Bioengineering, Co-Director, NSF Center for Advanced Design & Manufacturing of Integrated Microfluidics, University of Illinois at Chicago

Roberto Osellame

Roberto Osellame
Professor, Politecnico di Milano; Senior Researcher, Institute for Photonics and Nanotechnologies (IFN) - National Research Council (CNR), Milan

Gregory Timp

Gregory Timp
Keough-Hesburgh Professor of Electrical Engineering & Systems Biology, The University of Notre Dame

Jaap den Toonder

Jaap den Toonder
Professor and Chair of Microsystems, Eindhoven University of Technology

Steve Soper

Steve Soper
Foundation Distinguished Professor, Director, Center of BioModular Multi-scale System for Precision Medicine, The University of Kansas

概要

今度で10年目を迎えるSelect Biosciences主催のLab-on-a-Chip and Microfluidics Europe 2018には、ラボオンチップ (LOAC) とマイクロフルイディクス分野の技術や新機軸の開発に力を注いでいる大学や製薬会社の研究者が多数集まります。

今度の学会では、ラボオンチップとマイクロフルイディクス分野の最新動向に関する講演などが予定されており、生命科学分野の研究、各種の診断法をポイントオブケア/ポイントオブニードで活用するための取り組み、ボディオンチップ/生体機能チップなど、ラボオンチップのさまざまな応用技術が紹介されるほか、LOACデバイスの製造技術、製造のための新たな設計や技術、研究から診断までのLOACの重要な応用分野などのトピックにもスポットライトが当てられます。この学会には、例年米国、欧州、アジア太平洋などさまざまな地域から講演者やポスター発表者、スポンサー、出展者が参加しており、世界的な研究開発の動向を幅広い視野で概観することができる貴重な機会となっています。

学会と併催される展示会では、世界各国の主要なソリューションプロバイダーが、技術面の新たな進歩、関連する製品やサービスなどを披露します。

この学会に参加登録された方は、同時併催される学会のすべての分科会に参加することが可能であり、興味のある研究発表を選んで参加しながら、人脈構築のチャンスを最大限生かすことができます。
  • Point-of-Care Diagnostics Europe 2018
  • Organ-on-a-Chip and Tissue-on-a-Chip Europe 2018
会期中は、さまざまな機会を捉えて人脈を拡大することが可能であり、学会に参加するために必要な費用に見合う成果を得ることができます。

学会と併催される展示会は、De Doelen Conference Centerを会場に行われ、協力関係の構築、ベンダー各社による営業、事業開発、提携交渉などを含めた人脈拡大のチャンスとなります。展示会は、2018年6月5日と6日の両日開催されます。

ポスター発表の募集

学会に出席しながら、ポスター発表を行って研究成果を披露することができます。希望される方は、所定の期限までに要旨を提出し、審査を受けてください。

ポスター発表の要旨提出期限:2018年5月28日

アジェンダに盛り込まれる主なトピック

  • マイクロフルイディクス技術を利用した3Dプリンティング、バイオファブリケーション、バイオプリンティング
  • デジタルマイクロフルイディクス、ドロップレットマイクロフルイディクス、遠心マイクロフルイディクス
  • LOACデバイスの製造、標準化、商業化、
  • マイクロフルイディクス/LOACデバイスの製造:技術と企業の紹介
  • 世界的な公衆衛生と感染性疾患の監視に対応するマイクロフルイディクス/LOAC技術
  • マイクロフルイディクスによる希少細胞の捕獲と循環バイオマーカーの分析

現時点で確定している講演者

Holger Becker, Chief Scientific Officer, Microfluidic ChipShop GmbH
Hans Dijk, Senior Account Manager, Scienion AG
Peter Furjes, Principal Scientist, Hungarian Academy of Sciences
Klaus Kadel, Business Development, Little Things Factory GmbH
Govind V Kaigala, Research Staff Member, IBM Research Laboratory-Zurich
Miron Kaufman, Professor of Physics, Cleveland State University
Maiwenn Kersaudy-Kerhoas, Associate Professor, School of Engineering and Physical Sciences, Heriot-Watt University
Maria Losurdo, Director of Research, CNR-NANOTEC
Noah Malmstadt, Associate Professor, University of Southern California
Timothy Noel, Associate Professor, Eindhoven University of Technology
Aleksandr Ovsianikov, Professor, Additive Manufacturing Technologies, Technische Universitat Wien
Nils Paust, Head of Division Microfluidic Platforms, Hahn-Schickard-Gesellschaft fur Angewandte Forschung eV
Iris Prinz, Head of Business Development and Sales EMEA, STRATEC Consumables GmbH
Bastian Rapp, Principal Investigator and Head of NeptunLab, Karlsruhe Institute of Technology
Anderson Shum, Associate Professor, University of Hong Kong
Winnie Edith Svendsen, Associate Professor, Technical University of Denmark
Aliki Tsopela, R&D Scientist, Micronit Microtechnologies
Marine Verhulsel, Life Sciences Product Manager, Fluigent SA
Gijs Wuite, Professor, Vrije Universiteit Amsterdam
Zhibin Yan, Associate Professor, South China Normal University


Corporate Sponsors Media Sponsors Official Journal Partner Networking
Drug Discovery WoMetaTagsrld U-Networks
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English





メール配信サービス
製薬・バイオ
関連の会議一覧