SELECTBIO Conferences Lab-on-a-Chip & Microfluidics - Point-of-Care Diagnostics & Global Health Asia 2017

Lab-on-a-Chip & Microfluidics - Point-of-Care Diagnostics & Global Health Asia 2017
-ポイントオブケア診断・国際保健学会アジア大会:2017年-
開催日:2017年11月30日-12月1日
開催地:台湾、台北、 Amba Taipei Songshan Hotel

同時開催会議Lab-on-a-Chip, Microfluidics & Biosensors Asia 2017は当会議の一部となりました。

基調講演者

Chwee Teck Lim

Chwee Teck Lim
Provost's Chair Professor, Principal Investigator, Mechanobiology Institute, National University of Singapore

Roger Kamm

Roger Kamm
Cecil and Ida Green Distinguished Professor of Biological and Mechanical Engineering, Massachusetts Institute of Technology (MIT)

Victor Ugaz

Victor Ugaz
Professor & Holder of the Charles D. Holland '53 Professorship, Artie McFerrin Department of Chemical Engineering, Texas A&M University

Jong-In Hong

Jong-In Hong
Professor, Department of Chemistry, Seoul National University

Keisuke Goda

Keisuke Goda
Professor of Physical Chemistry, University of Tokyo

Hyun-Duck Kim

Hyun-Duck Kim
Professor, Seoul National University

Man Bock Gu

Man Bock Gu
Professor & Chair, Department of Biotechnology, Korea University; Director, BK21 PLUS for Biotechnology

An-Bang Wang

An-Bang Wang
Professor, Institute of Applied Mechanics, National Taiwan University

概要

Select Biosciences, Inc.主催のPoint-of-Care Diagnostics & Global Health Asia 2017は、大学や企業の研究所に所属する研究者が一堂に会するイベントです。2日間の会期中には、研究や技術に関連する多彩なプログラムが展開されるほか、展示会も予定されており、アジア諸国のみならず世界各国の企業が出展します。

この学会は、Lab-on-a-Chip, Microfluidics & Biosensors Asia 2017およびNext Generation Sequencing in the Clinic Asia 2017と同時併催されることになっており、講演者、出席者、スポンサー、出展者は、3つの学会のすべての分科会に参加して、最新の研究成果について意見を交換したり、人脈を広げたりすることができます。

これら3つの学会は、研究発表、技術面に重点を置いたスポンサー提供のプレゼンテーション、パネルディスカッション、展示会などを通じて、最先端の研究成果にスポットライトを当てるもので、この分野における商業面のトレンドも明らかになります。

展示会は、学会と同じ会場で同時併催されることになっており、人脈拡大 (および協力、販売、事業開発、提携) のまたとないチャンスになります。展示会は、2017年11月30日から12月1日まで開催されます。

ポスター発表の募集

学会に出席しながら、ポスター発表を行って研究成果を披露することができます。希望される方は、所定の期限までに要旨を提出し、審査を受けてください。

ポスター発表の要旨提出期限:2017年11月20日

アジェンダに盛り込まれる主なトピック

  • 材料およびマイクロファブリケーション技術の進歩
    • ラボオンチップ/マイクロ流体デバイスの製造、検査、品質管理
    • ファウンドリ企業のプレゼンテーション
  • マイクロ流体工学とラボオンチップ分野の新たなテーマ、技術、用途
  • 国際保健とエボラ出血熱やジカ熱などの新たなウイルス疾患
    • 感染性疾患検査におけるポイントオブケア診断
  • マイクロ流体/ラボオンチップ技術がポイントオブケア診断の応用に及ぼす影響
  • ラボオンチップとバイオセンサー
  • 世界的な公衆衛生と感染性疾患の監視に対応するマイクロ流体/ラボオンチップ技術
  • 国際保健のためのポイントオブケア診断:世界規模での展望
  • リソースが限られている状況でのポイントオブケア診断

現時点で確定している講演者

Manish Biyani, Associate Professor, Japan Advanced Institute of Science and Technology
Chien-Fu Chen, Assistant professor, Institute of Applied Mechanics, National Taiwan University
Han-Sheng Oswald Chuang, Associate Professor, Department of Biomedical Engineering, National Cheng Kung University
Nien-Tsu Huang, Assistant Professor, Department of Electrical Engineering, National Taiwan University
Lei Li, Assistant professor, School of Mechanical and Materials Engineering, Washington State University
Yong-Ak (Rafael) Song, Assistant Professor of Mechanical and Biomedical Engineering, New York University Abu Dhabi
Yi Chung Tung, Associate Research Fellow,Research Center for Applied Sciences, Academia Sinica


Corporate Sponsors Media Sponsors Official Journal Partner Networking
Drug Discovery WoMetaTagsrld U-Networks
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

メール配信サービス