SELECTBIO Conferences Organ-on-a-Chip World Congress & 3D-Culture 2017
Organ-on-a-Chip World Congress & 3D-Culture 2017
-臓器チップ世界学会および3D培養 2017年-
開催日:2017年7月10-11日
開催地:米国マサチューセッツ州ボストン、Wyndham Boston Beacon Hill

基調講演者

Dongeun Huh

Dongeun Huh
Wilf Family Term Assistant Professor, Department of Bioengineeering, University Of Pennsylvania

George Truskey

George Truskey
R. Eugene and Susie E. Goodson Professor of Biomedical Engineering, Duke University

Ali Khademhosseini

Ali Khademhosseini
Professor, Department of Medicine, Brigham and Women's Hospital; Wyss Institute for Biologically Inspired Engineering, Harvard University

Roger Kamm

Roger Kamm
Cecil and Ida Green Distinguished Professor of Biological and Mechanical Engineering, Massachusetts Institute of Technology (MIT)

Michael Shuler

Michael Shuler
Samuel B. Eckert Professor of Engineering, Cornell University; President & CEO, Hesperos, Inc.

John Wikswo

John Wikswo
A.B. Learned Professor of Living State Physics; Founding Director, Vanderbilt Institute for Integrative Biosystems, Vanderbilt University

Noo Li Jeon

Noo Li Jeon
Professor, Seoul National University

James Hickman

James Hickman
Professor, University of Central Florida

Kristin Fabre

Kristin Fabre
Microphysiological Systems Lead, Drug Safety & Metabolism, AstraZeneca

Reyk Horland

Reyk Horland
Vice President, TissUse GmbH

Linda Griffith

Linda Griffith
Professor, Massachusetts Institute of Technology (MIT)

Daniel Irimia

Daniel Irimia
Associate Professor, Massachusetts General Hospital & Harvard Medical School

Olivier Guenat

Olivier Guenat
Head, Organs-on-Chip Technologies, ARTORG Center for Biomedical Engineering Research, University of Bern-Switzerland

Geraldine A Hamilton

Geraldine A Hamilton
President/Chief Scientific Officer, Emulate Inc

概要

Select Biosciencesの第3回年次学会Organ-on-a-Chip World Congress 2017は、機能的に適切な方法でマイクロ流体およびラボオンチップ技術を用いて細胞が組まれる重要かつ拡大する分野に焦点を当てます。この“集合体としての細胞”は機能的に重大性があり体内臓器構造を再現することができるのです。

例えば、マイクロ流体を用いた生理学的に適切なアーキテクチャにおいて肝細胞が組まれたオンボードチップは毒性スクリーニングに利用することができます。また、体外で臓器フラグメントをまとめる能力により、“ディッシュ”や“チップ”上で生物学的プロセス(生理学的および病理学的)を再構築する精巧な手段を提供することができます。肺チップ、脳チップ、腸チップ、髄チップ、骨チップ、神経チップなど多くのチップがつくられ、この学会で披露されます。我々はまた、“疾患チップ”、“癌チップ”、“免疫系チップ”などにも焦点を当てる予定です。

3D培養と創薬における幹細胞のテーマは重複するため、同会場での同時開催により並行して学会を開催することによって、これらのテーマに絞り、参加者の皆様に関連した分野を包括的に網羅した内容をお届けします。

3つの学会トラックは同会場での同時開催となりますので、参加者の皆様は3つの学会すべての中から様々なプレゼンテーションを自由に選んでご参加いただくことができ、同業者の方々と広く交流を持っていただくことができます。また展示ホールも同会場での展示となり、3つすべての学会の参加者にご来場いただけます。

同時開催の学会トラック
  • Organ-on-a-Chip World Congress 2017 ( 臓器チップ世界学会2017 )
  • 3D-Culture 2017 ( 3D培養学会2017 )
  • Stem Cells in Drug Discovery & Toxicity Screening 2017 ( 創薬および毒性スクリーニングにおける幹細胞学会2017 )
世界中から集まった全キーオピニオンリーダーがこの学会に参加し、最大限の情報交換と比類なきネットワーキングの機会をもたらします。

Corporate Sponsors Media Sponsors Official Journal Partner Networking
Drug Discovery WoMetaTagsrld U-Networks
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English



メール配信サービス