SELECTBIO Conferences Flow Chemistry Europe 2017
 
Flow Chemistry Europe 2017
-欧州フローケミストリー会議、2017年-
開催地:英国ケンブリッジ
開催日:2017年2月7-8日

議長

Volker Hessel

Volker Hessel
Professor, Eindhoven University of Technology

Mimi Hii

Mimi Hii
Reader, Imperial College London

基調講演者

Timothy Noel

Timothy Noel
Assistant Professor, Eindhoven University of Technology

概要

Flow Chemistry Societyが主催する第7回Flow Chemistry Europeが英国ケンブリッジで開催されます。会期中は、急速に進化しつつあるこの分野の境界を拡げるための取り組みをリードする企業や大学の専門研究者から多くの知識を吸収し、現在の有機合成プロセスをより洗練された連続的な合成プロセスへと転換していく方法を学ぶことができるほか、展示会を利用して世界をリードするフローケミストリー技術ベンダーとの関係を構築することもできます。Flow Chemistry Societyの会員は、参加登録費が25%割引になります。また非会員の参加登録費には、1年分の会費が含まれます。

2017年のアジェンダに盛り込まれるトピックからは、医薬品化学が近年のフローケミストリー発展の原動力となっている状況を窺い知ることができます。複雑な分子足場を開発するには、先進的な技術が必要であり、フローケミストリーは、スケールアップに道を開き、新薬候補の製造に要する時間を短縮するという役割を担います。新薬開発プロジェクトには、10~15年の歳月と多額の投資が必要になるため、製品の市場投入に要する時間を短縮できるという点は非常に重要です。今度の学会では、フローケミストリーに特化した各種の合成化学技術が取り上げられます。米食品医薬品局 (FDA) は、新たな製造技術の開発を促すことで医薬品の製造を強化し、ライフサイクル全体で製品の品質と供給状況を改善しようとしており、医薬品評価センター (CDER) 内にEmerging Technology Teamを設置しています。また、マサチューセッツ工科大学とNovartisの共同研究によって、製薬業界向けのエンドツーエンド連続フロー生産技術の開発も加速しており、製薬業界の様相を一変させる可能性を秘めたフローケミストリー研究の重要なトピックとなりつつあります。

低コストの自然エネルギーを豊富に利用できるようになったことで、今後化学製品の製造は、自然細胞のコンパートメント化されたバイオアセンブリーラインへと移行する見通しです。一方、化学プロセスのエネルギー効率はこれまで以上に向上しており、所謂化学の電化は、最小の単位である電子を利用した技術の事業化が検討されるレベルにまで到達しています。また、小さなエネルギー単位である光子を利用して大量のバイオマスを生産したり、マイクロ流体工学と光化学の融合を通じて優れた成果を生み出したりするなどの成果も生まれています。こうした研究には、プロセスの枠組み全体を変化させる可能性が秘められており、アインシュタインからも高い評価が得られるはずです。

ポスター発表の募集

学会に出席しながら、ポスター発表を行って研究成果を披露することもできます。希望される方は、所定の期限までに要旨を提出し、審査を受けてください。

ポスター発表の要旨提出期限:2017年1月17日

 

アジェンダに盛り込まれる主なトピック

  • アインシュタインへの回帰−化学の電化−最小単位である光子と電子の利用
  • 医療分野への回帰−FDAが先端技術の利用に積極的な姿勢を示すなかでの医薬品分野のフローケミストリー
  • 自然への回帰―エンドツーエンド連続フロー生産

現時点で確定している講演者

Andrea Adamo, Research Associate/Chief Executive Officer, Zaiput Flow Technologies
Richard Bourne, Lecturer in Reaction Engineering, University of Leeds
Doris Dallinger, Postdoctoral Research Associate, University of Graz
Stevan Djuric, Senior Director, Discovery Chemistry and Technology, AbbVie
Amanda Evans, Assistant Professor, California State University Fullerton
Alain Favre-Reguillon, Associate Professor, University of Lyon
Daniel Fitzpatrick , Researcher, Ley Group, University of Cambridge
Robert Green, Postdoctoral Research Fellow, University of Southampton
Heidrun Gruber-Woelfler, Assistant Professor, Graz University of Technology
Thomas Junkers, Professor, Hasselt University
Anita Maguire, Vice President, University College Cork
Timothy Noel, Assistant Professor, Eindhoven University of Technology
Thomas Wirth, Professor, Cardiff University

招待講演者

Kevin Milburn, Professor, University of Bristol
Dominique Roberge, Head, Lonza Group Ltd


Exhibition Sponsors Media Sponsors Official Journal Partner Networking
Drug Discovery WoMetaTagsrld U-Networks