SELECTBIO Conferences Genome Engineering
Genome Engineering - ゲノム工学学会 -
2015年10月7日 - 2015年10月8日
ドイツ ドイツメッセコンベンションセンターCC

基調講演者

Toni Cathomen

Toni Cathomen
Director, University Medical Center Freiburg

Emmanuelle Charpentier

Emmanuelle Charpentier
Head, Regulation in Infection Biology Dept.., Hannover Medical School

Bill Skarnes

Bill Skarnes
Senior Group Leader, Wellcome Trust Sanger Institute

Osamu Nureki

Osamu Nureki
Professor, University of Tokyo

概要

SELECTBIOは、2015年10月7日から8日までGenome Engineeringをドイツのハノーバーで開催します。この学会は、バイオテクノロジー分野の展示会BIOTECHNICA/LABVOLUTIONと同時併催されます。

BIOTECHNICA/LABVOLUTIONには、600を超える出展者と1万2,000人以上の来場者が見込まれており、バイオテクノロジーの分野で研究、開発、製造などの業務に携わっている方々にとって見逃すことのできないイベントとなっています。10月6日から8日まで3日間にわたって行われるこの大規模な展示会は、製薬会社、バイオテクノロジー企業、大学や研究機関、ソリューションプロバイダーなどゲノム工学関連のさまざまな組織の間で意見交換を行うための理想的な環境となっています。展示会に隣接する会場で開催される今年のGenome Engineeringでは、すでに確立されているゲノム編集技術や最新の技術、主な有機体での発見、開発、応用といったトピックをめぐって議論が展開される予定であり、とりわけCRISPR/Cas9と治療面での可能性、専用のゲノム工学ツールと将来的な産業分野への応用などが焦点となります。

Genome Engieeringは、BIOTECHNICA/LABVOLUTIONに隣接する会場で、Personalized Medicine and its Impact in the Clinicと同時併催されます。2日間の会期で行われるこれらの学会は、4つのセッションで構成されており、それぞれの学会のなかからセッションを選んで参加する、どちらか一方の学会に1日だけ参加する、セッションを1つだけ選んで参加するなど、多様な選択が可能です。また2つの学会の出席者は、BIOTECHNICA/LABVOLUTIONとAdvances in LabAutomation and Robotics (ELA 2015) にも無料で入場することができます。

発表論文の募集

この学会での研究発表を希望される方は、論文の要旨を提出して審査を受けてください。

要旨提出期限:2015年6月16日

アジェンダに盛り込まれる主なトピック

  • 各種有機体、業界の垣根を越えた取り組み
  • CRISPR/cas9システム
  • TALENベースのゲノム編集システム
  • ジンクフィンガーヌクレアーゼ

ポスター発表の募集

学会に出席しながら、ポスター発表を行って研究成果を披露することもできます。希望される方は、要旨を提出して審査を受けてください。

要旨提出期限:2015年9月23日


Exhibition Sponsors Media Sponsors Official Journal Partner Networking
Drug Discovery World U-Networks
Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

    イベントカレンダー
    医薬品関連の国際会議

    医薬品関連の国際会議

    メール配信サービス
    メール配信サービス

    関連会議のご案内をご希望の方はこちら