プレスリリース

報道関係者各位
プレスリリース

2017年12月01日
株式会社 グローバル インフォメーション

国際学会 「Vaccine Manufacturing-ワクチン製造学会」(KNect365 Life Sciences主催)の参加お申込み受付開始

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、2018年4月24-25日 オランダ、アムステルダム、Amsterdam RAI Exhibition and Convention Centreにて開催されます、KNect365 Life Sciences主催 国際会議・展示会「Vaccine Manufacturing」の代理店としてお申し込み受付けを開始致しました。

変貌するワクチンの開発、製造、デリバリーの形態

ワクチン製造の分野における技術革新の成果を生かすための近道

ワクチンの新たな技術とデリバリーシステム

  • 処方とデリバリーに対するmRNAナノ粒子の応用についてのヒント
  • アジュバントについての踏み込んだ議論、アルミニウム懸濁液とリポソームに関する最新の研究成果
  • ワクチン開発の分野におけるウイルス様粒子 (VLP) 技術の進歩に関する最新情報

QbD、プラットフォームの概念、ワクチン製造の将来像

  • ワクチン開発での新たな細胞株の利用に向けたリスク評価についての知識
  • 迅速かつ効率的な製造に向けたフロースルークロマトグラフィーの利用に関する最新情報
  • QbDの応用に関する議論と実際に行われているプロジェクトのケーススタディ

現代のCMC規制戦略と識見−構想段階から承認段階まで

このセッションは、現代の薬事規制に対応するCMC戦略の概要を示すもので、複数の製品分類 (生物医薬品、生物製剤、先端医療医薬品、バイオシミラー、ワクチンなど) で選択的に利用可能な戦略や、全般的な時間と費用の削減に向けこの戦略を活用する方法などをめぐって議論が展開されます。双方向での意見交換に重点を置いたこのセッションでは、生物医薬品、生物製剤、先端医療医薬品、ワクチン、バイオシミラーが焦点となり、トピックの要点をめぐるグループ討論、実例の紹介、課題解決に向けた作業などが行われます。

株式会社グローバル インフォメーションでは、皆様の利便性を図る為に、日本語、中国語、韓国語で「Vaccine Manufacturing」の情報を提供するとともに、会議の参加のお申し込みを承っております。

会議名 : Vaccine Manufacturing
開催日 : 2018年4月24-25日
開催地 : オランダ、アムステルダム、Amsterdam RAI Exhibition and Convention Centre
主催者 : KNect365 Life Sciences

商品コード : 564882

本件に関するお問合せ先

KNect365 Life Sciences代理店 株式会社グローバルインフォメーション
〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3
アーシスビル 7階
電話: 044-952-0102
FAX: 044-952-0109
E-mail: conference@gii.co.jp

※ プレスの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合がありますのでご了承ください。


言語: Traditional Chinese | Simplified Chinese | Korean | English