プレスリリース

報道関係者各位
プレスリリース

2016年12月26日
株式会社 グローバル インフォメーション

国際学会 「5th Plant Genomics and Gene Editing Congress-第5回植物ゲノミクスと遺伝子編集学会」(Global Engage Ltd.主催)の参加お申込み受付開始

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、2017年3月16-17日 オランダ、アムステルダム、Beurs van Berlageにて開催されます、Global Engage Ltd.主催 国際会議・展示会「5th Plant Genomics and Gene Editing Congress」の代理店としてお申し込み受付けを開始致しました。

植物研究を発展させるための遺伝子編集、次世代シークエンシング、オミクス技術の開発

遺伝子編集技術が革新的な成果を上げ、シークエンシングコストが削減された結果、植物研究とその関連技術は過去5年で劇的に改良されました。今や多くの植物において現在シークエンシングに成功しており、幅広い生物学的データが入手可能となっています。その結果、植物科学者はこれまで以上に、最新の技術プラットフォームを活用して、植物ゲノムの理解を広げながら生物学的原理を説明し、研究を進め、作物改良/育種などの恩恵を与えることができるのです。

遺伝子編集、次世代シークエンシング、またはその他のゲノム技術を植物解析にすでに用いて知識の拡大を望んでいる専門家の方、あるいはシークエンシング/オミクス技術への投資に注目し、どのプラットフォーム/技術が要件に最適かを学びたいと考えている研究者の方であれば、当学会はインタラクティブネットワーキングフォーラムとして、自身の技術や他のソリューションを紹介する技術プロバイダーが一堂に会する活気あふれる展示会場、専門家によるケーススタディプレゼンテーション、インタラクティブ”Q&Aパネルディスカッション、6つの個別トラックにおいて様々なテーマを検証する2つの討論会などを通じて皆様の疑問にお答えします。ぜひご参加ください。

  • 植物ゲノム工学:戦略と開発
  • 植物ゲノミクスのケーススタディ(シリアル)
  • 植物および土壌マイクロバイオーム
  • A) バイオインフォマティクス、データ解析;パートB) 産業展示会
  • 植物ゲノムのケーススタディ
  • NGS、RNAシークエンシングおよびオミクス技術の発展

株式会社グローバル インフォメーションでは、皆様の利便性を図る為に、日本語、英語、中国語、韓国語で「5th Plant Genomics and Gene Editing Congress」の情報を提供するとともに、会議の参加のお申し込みを承っております。

会議名 : 5th Plant Genomics and Gene Editing Congress
開催日 : 2017年3月16-17日
開催地 : オランダ、アムステルダム、Beurs van Berlage
主催者 : Global Engage Ltd.

商品コード : 408557

本件に関するお問合せ先

Global Engage Ltd.代理店 株式会社グローバルインフォメーション
〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3
アーシスビル 7階
電話: 044-952-0102
FAX: 044-952-0109
E-mail: conference@gii.co.jp

※ プレスの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合がありますのでご了承ください。


言語: Traditional Chinese | Simplified Chinese | Korean | English