logo

イベントの概要

世界のニッケル業界関係者が集うアジアで最大規模のイベント

2016年の会議には、世界の70を超える企業からおよそ100人の出席者が集まりました。

この会議で特に注目を集めたのは、Glencoreニッケル部門の責任者Kenny Ives氏、Christian Teo and Partnersの法律顧問Bill Sullivan氏、PT ANTAM (Persero) の取締役社長Tedy Badrujaman氏の講演でした。

また、アジア地域にある溶錬施設や製錬施設の詳細な分析、世界的な供給状況についての分析、国際的な取引の流れなどについてのセッションも好評でした。


2017年の会議に参加をお勧めする理由


2017年1月にインドネシア政府が未加工ニッケル鉱石の輸出規制を一部緩和する措置を発表したことで、ニッケル市場に動揺が広がっています。専門家の多くは、この措置が実施されても不透明感は払しょくされず、今後の動きを正確に予測するのは困難との見方を示しています。

フィリピンで多くのニッケル鉱山が閉山する一方、エンドユーザーの需要は伸び続けており、2017年から18年にかけてのアジア地域におけるニッケルの需給動向は予断を許しません。

Asian Nickel Conferenceでは、今後の事業展開に役立つ有益な知識を吸収しつつ、新たな人脈を構築することができます。

ニッケル鉱石の輸出規制の行方が不透明ななか開催される今度の会議では、インドネシア政府高官や政府への働きかけを続けている国営企業の幹部からそれぞれの見解を聞き、法律の専門家から輸出規制の微妙な意味合いについての解釈を聞くことができるほか、休憩時間などを利用してこれらの講演者と意見を交換することもできます。


Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English



イベントカレンダー
マテリアル関連の国際会議