logo

12th Asia Copper Conference
-第12回アジア銅会議-
開催地:中国、上海
開催日:2016年11月15 - 17日


イベントの概要

銅市場は2016年の第1四半期に想定外の高い伸び率を示し、価格は2月中旬から上がり始め、3月には10%増を記録しました。その後、変動はあるものの価格は第2四半期の大半において2015年よりも高い水準で推移しています。これは、銅市場が根底から回復することを示しているのでしょうか。そうではありません。業界の見解によると、市場は未だ前向きな回復の兆しを見せているとはいえず、アナリストは全般的に見通しには弱気であることを示しています。例えば、中国の銅プレミアムは3年の最安値となっており、低レベルで推移しつづけています。これは市場最大のバイヤーである中国からの需要が弱まっていることを示すもうひとつの兆しです。

では実際には何が起きているのか。

売り手側からの実態はどうなのでしょうか。世界最大の消費国である中国の需要見通しをより把握するために、同国の第13期5か年計画でシミュレーション的政策を期待できるでしょうか。市場が低迷し、銅生産者の再編が行われた後、銅採掘に対する新たな投資の波は起こるのでしょうか。2016年の初頭からのこの勢いを維持し、2017年も続いていくでしょうか。またもしそうであれば、どのように続いていくのでしょうか。

今年の11月に上海で開催される第5回Asia Copper Weekの期間中にMetal Bulletin Eventsの第12回Asia Copper Conferenceが開催されます。このイベントは皆さまの疑問を解決する場となるでしょう。

世界の銅業界から主要な意思決定者が再び終結し、戦略の議論と予測を行い、同業界の明るい未来に向けたパートナーシップを構築します。300名を超える方々の参加が予測される同会議は、業界関係者にとって見逃せないイベントとなっております。

 

CESCO Asia Copper Weekの開催期間中に当会議に参加する主なメリット


  • 世界有数の銅供給者から直接情報を得ることで、現在および将来の世界の銅精鉱供給の全容をより明確に把握することができます。
  • 中国の第13期5か年計画における経済過渡期に対する政府の注目点、および住宅とナショナルグリッドに対する最新の業界指針を理解することで、中国の需要パターンを予測します。
  • 業界内で行なわれている再建や再編が、変化する市場の原理にとって、また潜在的投資機会にとってどのような意味を成すのかを理解します。
  • 主要な業界アナリストやヘッジファンドマネージャーによる市場の発展動向に耳を傾け、デリバティブ市場を利用した投資戦略を最適化します。

 

プレイベント・カクテルレセプション


 昨年好評を博したプレイベント・カクテルレセプションが、今年も開催されます。

11月15日の午後5時から8時のスケジュールでカクテルレセプションが開催されます。このレセプションは、11月16日から始まる会議の前に、打ち解けた雰囲気の中で様々な業界関係者と人脈を構築するまたとない機会を提供します。

 

Asia Copper Week(アジア銅週間)について 


Asia Copper Week(アジア銅週間)は、Center for Copper and Mining Studies(CESCO:センター)が主催する国際イベントです。今回は上海での5度目の開催となり、開催期間は2016年11月15日から17日が予定されています

Asia Copper Week(アジア銅週間)の中心的なイベントであるV Asia Copper Dinner(第5回アジア銅会議ディナー)は、Shanghai International Convention Center にて、2016年11月17日の夜に開催されます。昨年は世界中の最大規模かつ最重要企業から1,700名を超えるゲストを招き、今年の夕食会もまた、世界中の採鉱企業、金属製造企業、投資銀行、金属貿易業者、エンジニアリング・輸送企業など、多数の経営幹部の参加が期待されています。

 

Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English



カタログ(PDF)
イベントカレンダー
マテリアル関連の国際会議