logo
29th AMM Stainless & Its Alloys - 第29回AMMステンレス鋼・合金会議 -
2015年10月27 - 28日
米国、イリノイ州、シカゴ、シェラトン オヘア ホテル

イベントの概要

「成長力の維持」

米国は、2015年の時点でステンレス鋼の価格が世界で最も高い市場となっており、これが同国におけるステンレス鋼の輸入拡大を促す大きな要因となっています。とりわけ、反ダンピング関税の導入により欧州への輸出が困難になった中国と台湾の製鋼所は、米国など、欧州に代わる市場を捜し求めています。

北米市場は、過去5年間で金融危機前の水準まで回復していますが、今後これまでのような成長力を維持するのは難しくなるのではないかという懸念も強まっています。実際、ステンレス鋼業界に関する複数の指標や株式市場の動向は、景気循環がピークを過ぎた可能性を示唆しています。これは、ステンレス鋼市場にとってどのような意味を持つのでしょうか。米ドルが強くなったことによる想定通りの減速と言えるのか、それとも成長を阻害する他の要因が存在するのでしょうか。また、業界再編と在庫調整の局面が終わりつつあることを示す何らかの兆候を観測することはできるのでしょうか。

第29回Stainless and its Alloysには、原材料 (ニッケル、クロム、モリブデン、スクラップ) のサプライチェーンに加わっているさまざまな組織、および米国など世界各国の製鋼所、流通業者、製品メーカーなどから150人を超える幹部が集まります。現在この会議は、ステンレス鋼のサプライチェーンを構成する企業や団体の代表が集まる北米地域で唯一のイベントとなっており、2015年以降の事業展開に向け業界内の人脈を広げることができる貴重なチャンスとなっています。

主なトピック

  • 2015年も続く価格と利益率の下落が底入れする可能性
  • 在庫が目標水準に到達した可能性
  • 石油ガスメジャーによる資本支出の削減がヒューストンの石油産出地域にもたらす損失
  • 石油ガス業界の下流部門 (石油化学、精製、LNG) に対する投資が上流部門における鉄鋼需要の落ち込みを相殺する可能性
  • シェールガスブームが終焉を迎える可能性
  • 米ドルの値上がりがステンレス鋼の輸出入市場に及ぼす影響
  • 成長や投資という点でのカナダ市場とメキシコ市場の見通し
  • アジア諸国からの輸入が今後も増え続ける可能性とアジア諸国からの輸入をめぐって欧州と同様の紛争が起こる可能性
  • 中国と台湾の製鋼所が米国に照準を定めている可能性と米国の製鋼所に対する影響
  • NASが新たに導入した光輝焼きなまし装置が白物家電や建築用途向け市場への原料供給を大きく変える可能性
  • 消費財、建築資材、自動車、プロセス機器の業界にとっての景気循環の現状
  • 最終用途分野:自動車がステンレス鋼市場における成長の原動力であり続ける可能性と米国市場の構造に及ぼす影響
  • 航空宇宙業界の現状と新たな材料や製造技術が登場する可能性
  • 原材料価格が最低水準に落ち込むなか、ニッケル、クロム、モリブデン、ステンレス鋼スクラップの価格が上昇に転じる時期
  • 業績回復に向けた動きが停滞する住宅用建築物市場
  • 住宅以外の建築物市場の急成長がステンレス鋼業界にもたらすビジネスチャンス
  • 最終消費者による駆け込み買い (当用買い) 発注パターンの変化
  • 米国市場に投資する外国企業が増える可能性
  • 米国の製鋼所 (Outokumpu、ATI、NAS、Universal Stainless、Valbruna Slater) の供給能力拡大に向けた多様な取り組みの現状
  • 米国のマクロ経済の見通し−金利が上昇した場合の状況
  • 業界再編:4つの平鋼製鋼所と7つの長尺鋼製鋼所が今後米国市場で十分な業績を維持できる可能性


"Great way to get important market update in very short time" ,Peter Schaller, EMI Industry

"This conference continues to improve each year. It offers one of the most comprehensive looks at the stainless and nickel markets" ,John Zemon, Atlas Steel

 

 

Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English
Catalog

イベントカレンダー
メール配信サービス