Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

menu
Catalog

イベントカレンダー
メール配信サービス

Middle East Industrial Minerals Conference - 中東工業鉱物会議:2013年 -
2013年11月18 - 19日 オマーン、マスカット、インターコンチネンタルホテル

ご参加をお勧めする理由

Middle East Industrial Minerals Conference 2013

Middle East Industrial Minerals Conference(中東工業鉱物会議)は、2013年11月18日〜19日にオマーンのマスカットにて、世界の工業鉱物市場関係者を集めます。この会議は中東の鉱物部門における最近の最も重要な動きを集め、参加者が独占的情報を集め、人脈を構築し、中東および世界の工業鉱物専門家との事業関係の構築を可能にします。

この会議は、鉱物の輸送ハブとしての中東の重要性の高まりを検証するプレゼンテーションにより、当該地域における現況に関する独自の洞察を提供します。参加者は湾岸協力会議(GCC)の多様な建設プロジェクト構想と、それが原材料の需要にどのような影響を及ぼすかについて議論するとともに、太陽光発電および破砕砂などの新たな重要市場についても議論を交わします。

未開発および発展途上事業に対する投資を探し求めている中東は、工業鉱物採掘ブームを迎えようとしています。このブームを念頭に、11月にマスカットでお会いしましょう。

参加のメリット

 GCC、イラク、イラン、アフガニスタンおよびトルコにおける採掘業の発展について議論できます。

 マグネシア、石灰岩、玄武岩繊維およびレアアースの新市場および資源に関する洞察を得られます。

 中東の輸送ハブが、いかにして国内および国際的な鉱物の移動を促進するかを見出せます。

 世界中から集まった業界のあらゆる分野を代表する関係者と人脈を構築できます。

議論される主なトピック:

      ·         湾岸諸国ならびにイラク、イラン、アフガニスタンおよびトルコにおける鉱物の可能性
      ·         現在から2015年まで、およびそれ以降のオマーンにおける採掘量および加工量
      ·         採掘ライセンスの現状と取得方法
      ·         外国投資家が知っておくべきこととは?
      ·         苛性焼成マグネシアおよび重焼マグネシアの新たな市場
      ·         GCCにおけるドロマイトの埋蔵量
      ·         湾岸における石灰岩。炭酸カルシウムの将来における用途
      ·         中東におけるリン酸塩および炭酸カリウム
      ·         カタールおよびサウジアラビアにおける建設プロジェクト
      ·         ソーダ灰、玄武岩繊維およびその他の塩ベース製品 GCCにおけるその将来性は?
      ·         ガラスの需要に対応する石灰岩およびケイ砂の供給
      ·         中東における破砕砂
      ·         セメント製造に向けた効果的な石灰岩の販売および供給
      ·         オマーンにおける物流の発展:ドゥクム、鉄道および道路
      ·         クロム鉄鉱の非金属的用途
      ·         オマーンおよびトルコにおけるレアアースの埋蔵量
      ·         再生利用可能エネルギーと太陽光発電市場

参加をお勧めする方々

      ·         鉱物全般にわたる工業鉱物採掘業経営幹部:
                  §  石こう、クロム鉄鉱、ソーダ灰、苛性ソーダ、肥料、石英、マグネサイト、レアアース
      ·         技術者およびプロジェクトマネージャー
      ·         耐火煉瓦生産業者
      ·         販売幹部
      ·         物流専門家
      ·         商品アナリスト
      ·         採鉱投資家
      ·         ジュニア採鉱業者
      ·         投資企業
      ·         建設会社
      ·         技術会社
      ·         貿易業者

 





    日本語公式サイト運営 : Metal Bulletin代理店 株式会社グローバル インフォメーション