Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English

menu
Catalog

イベントカレンダー
メール配信サービス

6th South African Ferro-alloys Conference - 第6回南アフリカ フェロアロイ会議 -
2013年9月18 - 19日 南アフリカ、ヨハネスブルグ、ハイアットリージェンシー

ご参加をお勧めする理由

フェロアロイ産業は、鉱業が国内・国際レベルのどちらにおいても大きな話題となっていることから、再び南アフリカに関心の目を向けています。南アフリカにおける政治的・社会的混乱の再発によって、世界有数のフェロアロイ生産国市場は、依然として国際コミュニティの大きな悩みの種となっています。

フェロクロム産業の将来は南アフリカの発展に大きく依存していますが、これまでのところ、政府と鉱石・合金生産国間のクロム鉱石輸出税に関する話し合いが決着していないため、将来は不透明に見えます。マンガン合金生産は、BHPによる近年の生産量拡大によって増加していますが、特にインドのシリコンマンガン生産者との競争が増すことを考慮すると、その他の生産者がこの傾向に従うかどうかは明らかではありません。そして、重要なことは、何が将来の持続可能なエネルギー供給のためのソリューションとなるのか、それは国の鉱石/合金輸出バランスにどのような影響を及ぼすかです。

ヨハネスブルグで開催されるMetal Bulletin主催の6th South African Ferro-alloys conferenceは、世界的な講演者および地域の主要企業が参加するため、これら多くの疑問にお答えします。

参加のメリット:

• フェロアロイのサプライチェーンや政府団体の主要意思決定者とネットワークを構築する
• クロム、マンガン、ニッケルおよびバナジウムの現在の需給バランスを理解する
• 南アフリカにおける新規のマンガン・ニッケルプロジェクトが将来どのように発展するのかを把握する
• 地域の可能性を完全に解き放つためにエネルギー・インフラ制約をどのように克服できるのかについて調査する
• 近年の政府による国家的選鉱・工業化プログラムが南アフリカのフェロアロイ市場に及ぼす影響について傾聴する





    日本語公式サイト運営 : Metal Bulletin代理店 株式会社グローバル インフォメーション