Informa

Antibody Engineering & Therapeutics 2019
-抗体工学学会米国大会:2019年-
開催日:2019年12月9-13日
開催地:米国カリフォルニア州サンディエゴ、Marriott Marquis San Diego

次世代抗体の商業的な成功に向けた取り組みを加速させる抗体工学に焦点を絞り込んだ学会

抗体工学、免疫生物学、次世代バインダーなどの分野における最新の研究成果や技術、提携相手を見つけ出すことができます。

Choose your language
Traditional Chinese
Simplified Chinese
Korean
English
更新通知サービス

抗体医薬品の開発を臨床試験およびそれ以降の段階へと加速させるために

製薬会社と研究機関の専門家による革新的な研究成果の発表
  • 学会初日には、抗体医薬分野の先駆的な研究者による4つの基調セッションが行われます。
  • 研究発表セッションのなかで今後の研究開発に役立つ技術を評価することができます。
  • ケーススタディや製薬業界の最新情報を盛り込んだ135以上のセッションが予定されています。


世界各地から集まる革新的な抗体医薬品の開発企業や供給企業と提携関係を構築
  • 北米やアジア、欧州地域の主要な製薬会社、バイオテクノロジー企業、研究機関に所属する900人以上の出席者と協力関係を築くことができます。
  • 75以上の主要な技術プロバイダーやサービスプロバイダーと関係を構築し、製品を成功裏に商業化するための取り組みを加速させることができます。
人脈構築のチャンスが広がる大規模な学会
  • 簡素で使いやすい出席者専用の人脈構築支援アプリを駆使して研究プロジェクトの有望なパートナーを見つけ出すことができます。
  • レセプションと昼食会がそれぞれ2回予定されており、多くの出席者と親交を深めることができます。
  • ポスター発表の会場で最先端の抗体研究について発表者と意見を交換することが可能であり、ポスター発表を行うこともできます。

ポスター発表


会期中に展示会ホール内に設けられるポスター発表のためのスペースで最新の研究成果をアピールすることができます。

ポスター発表を行うには、学会への参加登録が必要です。要旨の提出をもって、ポスター発表への参加が保証されるということはありません。審査を通過した場合には、審査委員よりご連絡いたします。

有望な学生や博士研究員の研究成果を表彰するThe Antibody Society提供のポスター発表コンテストが実施されます。

The Antibody Societyについて


The Antibody Societyは、抗体関連の研究開発に携わっている個人や団体で構成される国際的な非営利組織であり、抗体領域における研究の改善を目的とした多種多様な構想や作業グループを有しています。

The Antibody Societyの役割:

- 知識を吸収し、人脈を広げるための機会を創出します。

- 抗体医薬とCAR-T細胞療法の商業化に向けた研究開発パイプラインにおける動きをチェックし、報告します。

- 抗体とT細胞受容体レパトアの特性評価に対応する標準を策定し、この領域に関与します。

- 抗体分野のコミュニティに関連する問題について各国政府や国際機関と協議します。